Reporting Issues

ARCHICAD FastLogger ファイル

FastLoggerフォルダとは何ですか? FastLoggerはARCHICADと関連ツールによって作成されるフォルダで、その中に、トラブルシューティングの助けとなるバイナリのログファイルがプログラムが実行している間に作成されます。フォルダサイズは最大100MBです。サポートパッケージを作成する際には、FastLoggerフォルダの内容が含まれます。 FastLoggerフォルダにはどのような情報が記録されますか? ユーザーインターフェースの操作 ファイルと入出力の操作 メモリしようとデータ速度 問題の原因の可能性となる参照データ 他の開発情報 ARCHICAD FastLoggerフォルダの場所はプラットフォーム/バージョンによって異なります…

サポートパッケージの作成

サポートパッケージとは何ですか? サポートパッケージを作成すると、テクニカルサポートチームがArchiCADで発生した問題をより効率的に調査するのに役立ちます。 パッケージはあなたの(チームワークまたは非チームワーク)プロジェクトの現在の状態をキャプチャし、含まれています…