Gatekeeper

by Márta Tron · 最終更新日: 2016年4月28日

Gatekeeper – セキュリティとプライバシー

Security & PrivacyGatekeeperはOS X Mountain Lionに内蔵のセキュリティオプションであり、潜在的に有害なアプリケーションが起動しないようにします。設定にアクセスするには、次の手順に従います。

  • 次のウィンドウを開きます:[システム環境設定]
  • [セキュリティとプライバシー]
  • [一般]タブ
  • [ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:]

次の3つのオプションを使用できます。

  • [Mac App Storeからのアプリケーションのみを許可]
  • [Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可]
  • [すべてのアプリケーションを許可]

これらの設定を使用して、コンピュータへのインストールを許可するアプリケーションを制御できます。現在のGRAPHISOFT製品では、デフォルトの[Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可]の選択をお勧めしますが、このセキュリティオプションを使用すると、以前のバージョンおよびプロテクションキーのドライバをインストールすることができません。

以前のバージョンのパッケージをインストールするには、次の手順に従います。

  • 前の手順に従ってGatekeeperの設定を開きます。
  • 設定を[すべてのアプリケーションを許可]に変更します。

この設定は、インストール終了後にデフォルトの状態に戻すことができます ([Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可])。

 

開発者のIDを確認できないため、CodeMeter/WIBUアンインストーラを開くことができない

CodeMeterまたはWIBUドライバのアンインストール中に、次のエラーメッセージが表示されます。 CM/WkUninstall.app can’t be opened because the identity of the developer cannot be confirmed.(開発者のIDを確認できないため、CodeMeter/Wibuアンインストーラを開くことができません。)

WkUninstall CmUninstall

原因

キープラグドライバのインストーラは以前WIBUまたはGRAPHISOFTのウェブサイトからダウンロードされたものですが、それに開発者の署名がありません。そのため、OS Xの新しいセキュリティ機能Gatekeeperでは、デフォルトでインストールを許可できません。

解決策

この問題は、前述のトピックに記載のように、Gatekeeperの設定を[すべてのアプリケーションを許可]に設定すると簡単に回避できます。その後、dmgが正しくマウントされます。インストールDVDのインストーラは影響を受けません。この問題は、ダウンロードしたパッケージにのみ該当するようです。WIBUは、この問題をCodeMeterドライババージョン:CM 5.20cおよびWIBU-KEYドライババージョン:WK 6.30bで修正します。

「AC18-Update-xxxx-MAC can’t be opened because the identity of the developer cannot be confirmed(開発者のIDを確認できないため、AC18-Update-xxxx-MACを開くことができません)」というメッセージがMACに表示される

ある状況において、インターネットからダウンロードしたGRAPHISOFT提供のdmgをマウントしようとすると、OS Xで次のエラーが表示されます。<Installer name> can’t be opened because the identity of the developer cannot be confirmed(開発者のIDを確認できないため、<インストーラ名>を開くことができません)。

Screen Shot 2014-12-02 at 13.46.07

原因

アップデートのインストーラは以前GRAPHISOFTのウェブサイトからダウンロードされたものですが、それに開発者の署名がありません。

解決策

この問題は、前述のトピックに記載のように、Gatekeeperの設定を[すべてのアプリケーションを許可]に設定すると簡単に回避できます。その後、dmgが正しくマウントされます。インストールDVDのインストーラは影響を受けません。この問題は、ダウンロードしたパッケージにのみ該当するようです。
この問題は以前のアップデートにのみ該当するため、GRAPHISOFTは、この問題を最新のARCHICAD 18 Updateインストーラ(ビルド:4020)で修正しています。