パフォーマンス

いくつかのアンチウィルスソフトウェアがARCHICADのパフォーマンスを劇的に減少させる場合がある

対象バージョン: ARCHICAD 18 及び 19 | 重要度: 利用できる対策あり (解決策をご覧ください)| 現象 ARCHICADユーザーがARCHICAD18および19にて大きく動作が遅くなるという多くの現象が報告されています。多くの場合、特定の操作と遅さとは関連がありません。一方でプログラムがスタートアップ後に反応しない場合や大幅にチームワークに関連する操作が通常より遅くなる場合があります。…

クラッシュ – 既知の問題

目次既知の問題最新のビデオカードドライバをインストール後に頻繁にARCHICADがクラッシュするレポートする前の確認項目クラッシュをレポートする方法CrashSubmissionLog.txtとは何ですか?CrashSubmissionLog.txtはどこにありますか?PC上でクラッシュレポートを調査する 既知の問題 最新のビデオカードドライバをインストール後に頻繁にARCHICADがクラッシュする 影響のあるバージョン: ARCHICAD 18, 19, 20| 重要度: 回避策あり | ID: 212350…

ファイルサイズ

一般的に、ファイルサイズが100 MB(未圧縮)を超えると「大きい」、ファイルが300 MB(未圧縮)を超えると致命的といえます。300 MBを超えるファイルでも作業はできますが、最適なパフォーマンスを得るにはこのサイズを超えない方が良いと言えます。