ARCHICAD 21 インストール中に「オペレーションシステムが最新でない」というエラーメッセージが表示される

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2017年9月27日
  • 問題

ARCHICAD 21のインストールしたとき、インストーラーが下図のメッセージを表示する場合があります:

ARCHICAD 21インストーラは、このコンピュータのオペレーションシステムが最新でないことを検出しました。インストールを開始することはできませんでした。最新のアップデートをインストールして、もう一度お試しください。

  • Cause

a) このコンピュータは動作環境の条件を満たしていません。または、条件を満たしている場合、OSの最新アップデートをインストールしてください。インストール後は必ず再起動を行ってからARCHICADのインストールを開始してください。

b) (Windowsの方のみ) ARCHICADは一時フォルダ上でインストールされたシステムコンポーネンツをチェックします。ソフトウェア制限ポリシーがその一時フォルダ上で.exeファイルを実行させないようにしていることが今回の原因となっています。ソフトウェア制限ポリシーはグループポリシーを基準としており、コンピュータ上で起動させるソフトウェアプログラムの認証や、それらのプログラムの機能制御を行っています。グループポリシーは通常、ITまたはシステム管理者によって管理されています。

  • 解決方法

a) 最低限の動作環境の条件を満たすよう、更新、アップグレードを行ってください。

b) グループポリシーまたはそのコンピューターに対して一時的にグループポリシーの特性を無効にしてください。ARCHICADをインストールしていただいたら、再度有効にしていただいて問題ございません。この設定はグループポリシーを設定、管理している方によって行われる必要があります。