IFC変換時のエラー要素の検索

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年5月27日

ARCHICADからIFCファイル形式で保存した際に「IFCエクスポート結果」が表示された場合、エクスポートできない要素はレポートウィンドウから確認できます。

IFCエクスポート結果

エクスポートできなかった要素の一覧は、セッションレポートで確認できます。レポート内にエクスポートされなかった要素のIFCプロパティのGlobalIDが表示されます。
[ファイル]>[情報]>[セッションレポート] セッションレポート

このGlobalIDは、[検索と選択]にて、IFCプロパティを追加すると検索できます。
[検索と選択]の「追加」から「IFCプロパティを追加し、GlobalIDをIFCプロパティから追加します。
[検索と選択]で追加

Related content

セッションレポートウィンドウ

[レポート]ウィンドウ([ファイル]→[情報]→[セッションレポート])には、画像処理とリスト過程に関する情報が表示されます。ただし、[レポートの書き出し]オプション([オプション]→[作業環境]→[画像処理と計算]→[3Dおよび計算処理を確認]フィールド)をオンにしておく必要があります([レポートの書き出し]チェックボックスの横のスライダを使用して、簡易レポートか詳細レポートかを定義します)。…