Grasshopper Documentカテゴリー

by Sato · 最終更新日: 2016年12月30日

Documentカテゴリー詳細

このコンポーネントはGrasshoppre又はRhinocerosで定義した内容を2D要素としてARCHICADへ配置できます。

2016-12-27-9-13-46

3 個のドキュメント構成要素ノード(2D 曲線、塗 りつぶし、スプライン)を使用できます。

2D Curve (2D 曲線)

2016-12-27-10-59-40

Synchronize:Boolean Toggleを接続出来ます。ARCHICADへのリンクの有無を切り替えます。

Curve:Curve.Line.Circle.Circular Arc.Geometryを接続出来ます。通常はCurveを使用します。

2D Viewpoint:2D Viewpointを接続出来ます。ARCHICADの表示フロアを設定する事が出来ます。

Polyline Settings:Polyline Settingsを接続出来ます。ポリライン設定構成要素を設定する事が出来ます。

2D Fill (塗 りつぶし)

2016-12-27-10-59-53

Synchronize:Boolean Toggleを接続出来ます。ARCHICADへのリンクの有無を切り替えます。

Curve:Curve.Line.Circle.Circular Arc.Geometryを接続出来ます。通常はCurveを使用します。

2D Viewpoint:2D Viewpointを接続出来ます。ARCHICADの表示フロアを設定する事が出来ます。

Fill Settings:Fill Settingsを接続出来ます。塗りつぶし設定構成要素を設定する事が出来ます。

2D Spline (スプライン)

2016-12-27-11-00-03

Synchronize:Boolean Toggleを接続出来ます。ARCHICADへのリンクの有無を切り替えます。

Curve:Curve.Line.Circle.Circular Arc.Geometryを接続出来ます。通常はCurveを使用します。

2D Viewpoint:2D Viewpointを接続出来ます。ARCHICADの表示フロアを設定する事が出来ます。

2D Spline Settings:2D Spline Settingsを接続出来ます。スプライン設定構成要素を設定する事が出来ます。