フロア高さの異なるモジュールをホットリンクする

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年7月8日

フロア高さの異なる要素をホットリンクする場合は、ホットリンクモジュールを配置する際に、ホストファイルとのフロア高さとの差分を入力して配置します。

手順1:ホットリンクモジュールを配置します
[ファイル]>[外部参照]>[ホットリンクモジュールを配置]

手順2:配置するモジュールを選択し、「高度」にてホストファイルとの高さの差分を入力します
モジュールを配置

手順3:平面図上で配置します

断面図/立面図で見た際に、ホットリンクモジュールとして配置した要素の下端が基準より1,000下がっているのが確認できます。
ホットリンクモジュールのフロア高さは別途線分等で追加します。
ホットリンクモジュール配置後の断面・立面図

Related content

チームワークとホットリンクファイルのコンセプトの要約

チームワークとホットリンクファイルのコンセプトの要約 以下に、ArchiCADのチームワークとホットリンクファイルのコンセプトの簡単な比較表を示します。   チームワーク ホットリンク 開始作業 ただファイルを共有してユーザーを参加させるだけでよい。 手動でファイル構造を作成してホットリンクする必要がある。 作業領域の変更 必要なときに必要な要素を確保および解放する。 ファイル構造を再構成する必要がある。 オフライン作業…

ホットリンクファイルのコンセプト

ホットリンクファイルのコンセプト 前章では、ArchiCADの主なコラボレーション手法であるチームワークについて説明しました。ここでは、もう1つの基本的なプロジェクト共有ソリューション/内部コラボレーション手法である、ホットリンクファイルのコンセプトについて評価していきましょう。…

ホットリンクモジュールについて

ホットリンクモジュールを使用すると、外部のArchiCADファイル(ソース)の内容を現在開いているプロジェクト(ホスト)に挿入できます。ホットリンクモジュールでは、外部ソースファイルへの論理参照(ホットリンク)を使用して組み立て要素のセットを平面図に配置できます。…

ホットリンクモジュール

ホットリンクモジュールを使用すると、外部のArchiCADファイル(ソース)の内容を現在開いているプロジェクト(ホスト)に挿入できます。 このセクションのトピック ホットリンクモジュールについて モジュールの作成 モジュールの配置 複数階ファイルのモジュールを配置する モジュールの内容の編集 ホットリンクの管理 モジュール:マルチプラットフォームの問題 チームワークのホットリンクモジュールとXREF