座標情報を常に表示する

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年6月24日

ARCHICADの座標情報を常に表示させるには、作業環境の設定を変更します。

座標情報

初期設定では座標情報は[X]、[Y]等と入力すると表示されます

作業環境で座標情報を「常に」に変更すると、座標情報が常時表示されるようになります。

作業環境の設定

Related content

座標情報と座標入力

([オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]) [座標情報を表示]:希望の座標情報表示のオプションを選択します。 [常に]:このラジオボタンを選択すると、カーソルの動きに伴って2Dと3Dの両方で常にプラン上に座標情報が表示されます。 [必要に応じて]:このラジオボタンを選択すると、座標入力および編集操作時にのみ座標情報が表示されます。…

座標情報の座標を使用した要素入力

新しい要素を配置する場合、入力時に座標情報の座標を定義できます。 座標情報を表示した状態で、以下のいずれかの操作を実行します。 デフォルトパラメータ(太字で表示されるパラメータ)の値の入力を開始します。カーソルが自動的に座標情報ボックスに移動するので、ここで値を入力します。 注記:この入力方法は、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]で[座標情報へ直接数値入力を有効]ボックスをオンにした場合に有効です。これは、デフォルト設定です。…

座標情報

座標値は[座標情報]に表示されます。このボックスはマウスに追随して動き、編集可能なウィンドウタイプで使用できます。 座標情報は、GDLオブジェクト編集時の編集後の長さ、角度、ホットスポット値などの値に関し、動的なフィードバックを提供します。 座標情報表示を有効にする 標準ツールバーの座標情報の切り替えボタンを有効にします。 あるいは、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]の[座標情報を表示]チェックボックスをオンにします。…