カスタム形状のドアを作成

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2015年12月11日

ステップ 1: カスタムドアの作成

スラブ、梁、壁やその他のオブジェクトを使用してドアを作成します。ドアの上部がプロジェクトの北方向に向いていることを確認してください、これはそのオブジェクトが壁に配置される位置を定義するためです。

STEP1.PNG

ステップ 2: 壁開口を作成

作成したドアの輪郭に沿った壁開口にするには、そのオブジェクトとアウトラインの境界を包含するスラブを配置する必要がります。一度作成したスラブを開き選択したスラブの設定ダイアログボックを表示しタグとカテゴリ内のIDパラメータにWALLHOLEと入力します。ドアや窓が配置された際に、これはスラブで壁に穴をあけ、非表示のままになります。

STEP2.PNG

壁開口スラブとそれに関連するドアや窓要素の厚さは壁内のドアの位置に関係します。

STEP2-2.PNG

ステップ 3: カスタムドアを保存

壁開口スラブも含めて、ドアを構成する要素を選択し、3D 平行投影でこれらのオブジェクトを表示します。メニューの表示内の3D表示の下の3D投影の設定ダイアログボックスを開きます。平行投影の設定にて、オブジェクトの上面図の表示に調整します。

STEP3.PNG

ファイルのライブラリとオブジェクトのオブジェクトとして保存…を選択します。ダイアログボックスが表示され、ドアタイプを選択します。オプションをクリックして編集可能なGDLスクリプトにチェックされていることを確認してください。作成した壁開口スラブの輪郭に沿って壁が切断されます。

STEP3-2.PNG

STEP3-3.PNG
オブジェクトにした際の初期設定値を決定します。配置する際にも変更は出来ます。
STEP3-4.PNG

最後にドアに名前を付け、保存場所を選択して保存をクリックします。 これでプロジェクトに作成したドアを配置できます。

STEP3-5.PNG