選択した要素のみ一覧表を表示する

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年4月22日

ARCHICADでは、選択した要素のみを一覧表として表示させられます。

平面図で選択後、ナビゲータのプロジェクト一覧から表示させたい一覧表上で右クリックして「選択した要素で一覧表示」をクリックします。

要素を選択してから「平面図の選択のみ一覧」をクリック

選択した要素のみの一覧表が作成されます。

選択要素のみ一覧表に表示されます

選択要素のみまとめてパラメータを変更したい場合や、検索と選択から該当項目のみを確認したい場合などに利用できます。
※選択した要素のみを表示しているため、一時的な表示となります。

Related content

形式オプション(一覧表)

一覧表の形式オプションは、全ての一覧表ウィンドウの上と両横に表示されます。 一覧表を開くには、ナビゲータパレットに移動して一覧表の名前をダブルクリックします。 この機能の詳細は、「 一覧表」を参照してください。 あるいは、ウィンドウメニューの項目リスト、または[表示]→[ナビゲータ]→[一覧表]→[一覧表を開く]ダイアログボックスの項目リストから既存の一覧表も選択できます。…

連動一覧表の印刷

このダイアログボックスは、一覧表ウィンドが有効な場合に[ファイル]→[印刷]コマンドで開きます。 [プリンタ]:このフィールドには、マシンに現在設定されているプリンタドライバが表示されます。割り当てられているプリンタを変更するには、右側の[ページ設定]ボタンを選択します。 [ページ設定]:このボタンをクリックすると、[ページ設定]ダイアログボックスが開いて、プリンタと用紙のサイズおよび向きを選択できます。…

[一覧表設定]ダイアログボックス(一覧表)

以下の方法から1つ選んで、このダイアログボックスを開きます。 [ドキュメント]→[一覧表とリスト]→[一覧表]→[一覧表設定]コマンドを選択します。 ナビゲータの一覧表のコンテキストメニューを使用します。 ナビゲータから一覧表を選択して、ナビゲータパネルの下部にある[設定]ボタンをクリックします。 詳細は、「 一覧表」を参照してください。 「 一覧表での確保」も参照してください。 このセクションのトピック [設定]パネル 複雑な基準の定義 複雑な基準の例…