立面図に材質の色と影を表示する

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年6月10日

立面図の設定を変更すると立面に材質のカラーや影を表示させられます。

作成した立面図の設定を開き[モデル表示]内の下記を変更します。

  • 投影表面を塗りつぶし
  • 太陽光と壁 – シャドウ

立面図の設定

設定を変更していない場合

初期設定

「元の材質カラー(シェードなし)」+「シャドウ」の場合

材質カラー+シャドウ

Related content

立面図ツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「 ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。 詳細については、「 立面図」を参照してください。 立面図の[一般]パネル [参照ID]:IDはデフォルトで割り当てられますが、このフィールドに他の値を入力して変更できます。このフィールドには最高256文字まで入力できます。IDは、ナビゲータのプロジェクトウィンドウで断面を識別する際に役立ちます。…

立面図

ArchiCADには、立面図ビューポイントおよびリンクまたはリンク解除された立面図マーカーを作成するための別個のツールがあります。 以下の部分は、断面図と対照的です。 立面図は、一般的に、構造をスライスするのではなく、遠隔点からの構造の断面ビューを作成します。 立面図の水平範囲の[フラット]オプションはありません。 立面図マーカーは断面図マーカーと異なっていて便利です。結果として、[立面図設定]のマーカーオプションは、[断面図設定]の対応項目とは異なります。…