平面図の切断面設定の相対範囲と絶対限度

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年6月10日

ARCHICADの平面図の切断面設定では、切断面高さの他に相対範囲と絶対限度を設定できます。

詳細は、[平面図の切断面設定]ダイアログボックスもご確認ください。

平面図の切断面設定

相対範囲と絶対限度かどちらを使用するかは、各要素の設定にて個別に設定します。

要素の設定-平面図

2フロアにまたがって入力されているカーテンウォールを例とすると、、上のフロアの平面図から見た場合、以下の違いになります。

・絶対限度: 平面図の切断面設定で表現した絶対高さまで表示

・相対範囲: 平面図の切断面設定で設定したフロアの指定した高さまで表示

相対範囲と絶対限度の例

Related content

[平面図の切断面設定]ダイアログボックス

[平面図の切断面設定]ダイアログボックスを開くには、[ドキュメント]→[平面図の切断面]を使用します。 現在のフロアからの切断面高さ 平面図で表示するために、要素を切り取る高さを入力します。 このダイアログボックスのその他のオプション、[相対範囲]と[絶対限度]は、(設定ダイアログボックスの)[切断面]設定がこの2つの定義のいずれかを使用するように設定されている組み立て要素にのみ適用されます。この定義は、現在のフロアを基準にして要素の表示範囲を制限します。 相対範囲…