平面から屋根伏図を作成

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年4月15日

ARCHICADで屋根伏図を作成する場合、平面から3Dドキュメントを作成すると便利です。

手順1: 平面図上で右クリックし、「平面から3Dドキュメントを作成」をクリック

平面図で3Dドキュメントを作成

手順2: 作成された3Dドキュメント上で右クリックし、「3Dドキュメント設定」をクリック

3Dドキュメント設定

手順3: [見上げ/見下げ設定]で「下のフロア」として、GLまでのフロア数を入力

表示下限を調整

これで屋根伏図が作成できました。こちらをビューとして登録してレイアウトに配置します。

3Dドキュメント作成

Related content

3Dドキュメントを印刷

このダイアログボックスは、3Dウィンドウが有効なときに、インターナルを使用して[印刷]コマンドを発行した場合、またはナビゲータ発行セットから印刷する場合は、[印刷オプション]コマンドから開きます。 このコントロールは[2Dドキュメントを印刷]ダイアログボックスのものと同じですが、例外として、特定の2D関連のオプション(テキスト/マーカーのスケール、グリッド、参照など)はここでは使用できません。 「 2Dドキュメントを印刷」を参照してください。…

3Dドキュメント設定

[3Dドキュメント設定]ダイアログボックスは以下から使用できます。 ナビゲータにリストされている3Dドキュメントウィンドウのコンテキストメニュー 3D ドキュメントが選択されている場合は、ナビゲータプロジェクト一覧の下部にある設定ボタン 3Dドキュメントウィンドウのコンテキストメニュー [ドキュメント]→[3Dドキュメント]メニュー 詳細は、「 3Dドキュメント」を参照してください。 3Dドキュメントの一般パネル…