図面ツールで配置した図面のレイヤー設定

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2016年6月24日

図面ツールで配置した外部図面がDXF/DWGの場合は、図面の設定で元のファイルのレイヤーの表示/非表示を成業できます。
XREFの場合は、レイヤー設定で制御しますが、図面ツールでは、配置した図面個々で管理します。
詳細は、図面の設定をご確認ください。

配置した図面の設定を開き、[特性]から「埋め込みレイヤー」の「図面自身のレイヤー」をクリックします。

「埋め込みレイヤー」が表示され、配置した図面独自のレイヤーリストが表示されます。非表示にしたい場合は、「目」の形をしたアイコンをクリックして目と閉じた状態にします。

Related content

図面の設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「 ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。 図面ツールを使用して、プロジェクトに配置された図面の制御および管理ができます。図面は、モデルビュー(3Dビューやスケジュールビューを除く)またはレイアウトに配置できます。 関連トピック モデルビューの図面 レイアウトブックの図面…