オペレーション

by Yuki Ikegawa · 最終更新日: 2016年6月10日

座標・参照入力モード

座標値は[座標情報]に表示されます。参照線はスナップした要素に入力参照ラインを表示します。

座標情報の表示設定
座標情報を使用するには、ツールバー上の座標情報切替えボタンを有効化します。
座標情報の表示設定

座標情報

ポップアップメニューには、距離や角度などが表示されます。
入力中にキーボードのX・Y等のキーを押すと入力可能な座標情報が表示されます。
座標情報

 

相対座標入力/絶対座標入力の切替

  1. 相対座標
    相対値は編集原点から測定され、ワークシートの最新編集点から
    カーソルまでの水平(X)距離、垂直(Y)距離、半径(R)距離、および角度(A)距離が表示されます。
    相対座標入力
  2. 絶対座標
    絶対値はユーザー原点から測定されます。絶対値では常に、ユーザー原点からワークシートの最新編集点からカーソルまでの水平(X)距離、垂直(Y)距離、半径(R)距離、および角度(A)距離が表示されます。

絶対座標を使用していることを示すために、原点とカーソルの間には一時的には線が描かれます。
絶対座標入力

スナップガイド

既存要素に沿って表示される一時的な直線や円弧であり、正確な要素配置に役立ちます。
スナップガイド

任意の辺または点でQ キーを押すと、「スナップ参照を強制」し、
(作業環境のタイマー設定に関係なく)即座に辺または節点をスナップ参照として強調表示できます。

参照線の表示

参照線の表示設定
参照線を使用するには、ツールバー上の参照線切替ボタンを有効化します。
参照線の表示01

参照線は削除するまで常に表示されます。
(画面の4方向すべてに参照線のタブがあります。)

参照線の表示

座標ボックス

座標ボックスではワークシート上での現在のカーソル位置の情報がまとめて表示されます。

座標ボックス

※座標ボックスを使用する場合は、 <ウインドウメニュー>の<パレット>より表示します。

制御ボックス

制御ボックスには要素を入力するための各種モード等があります。

制御ボックス

※制御ボックスを使用する場合は、<ウインドウメニュー>の<パレット>より表示します。

クイック選択モード

矢印ツールの[クイック選択]モードを使うと各要素の領域上でクリックすると選択ができます。
※選択中にキーボードのスペースを押すと、クイック選択モードのオン/オフの切替えができます。

クイック選択モードの位置

クイック選択モード

1.クイック選択モードをアクティブにして壁/スラブ/オブジェクト等の各要素の上に
カーソルをクイック選択モードが有効になります。

クイック選択モード

2.クイック選択モードがアクティブな状態でクリックすると各要素が選択されます。

※どのツールの状態でもキーボードのSHIFTキー+クリックで選択/連続選択可能です。

※要素/サブ要素の切替はCtrl+Shiftキーで切替ができます。(モルフのみ)

ペットパレット入力/編集機能

壁/スラブ/屋根/塗りつぶし/線分等の各要素をマウス操作で入力/変更/修正や移動/回転/コピー等を行えます。
※3Dウインドウでも同様の操作が可能です。

多角形のペットパレット編集

1.スラブ等のツールを使用して入力/選択します。
(選択されたツールをアクティブにしてください)
多角形のペットパレット編集01
2.選択した多角形の辺上でカーソルが三叉形状及び端点でカーソルがレ点または
左クリックするとペットパレットが表示されます。
(選択されたツールをアクティブにしてください)
多角形のペットパレット編集02
3.ペットパレットにはストレッチ/形状変更/拡大/拡小ブーリアン演算などが行えます。
各コマンドを試してみてください。
(選択されたツールをアクティブにしてください)
多角形のペットパレット編集03

壁及び線分のペットパレット編集

1.壁等のツールを使用して入力/選択します。
(選択されたツールをアクティブにしてください)
壁及び線分のペットパレット編集01 [/caption]
2.選択した壁/梁/線分等の辺上でカーソルが三又形状で左クリックするとペットカーソルが
表示されます。多角形同様に各コマンドを試してみてください。
(選択されたツールをアクティブにしてください)
壁及び線分のペットパレット編集02

ペットパレットを使った入力<壁/スラブ/線分等の各ツールで使用できます>

ペットパレットを使った入力

※入力中にキーボードのバックスペースキーを押すと最後に入力したポイントが削除されます。