DXF-DWG変換設定

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2015年12月11日

DXF-DWG変換設定

ArchiCADのどの要素をDXF/DWGファイルとして出力するときに変換するのか、 また逆も同様に、DXF/DWGファイル内のどの要素をArchiCADにインポートするときに変換するのかを設定する際に、このダイアログボックスを使用します。
なぜならAutoCADとArchiCADの違いから、正しく要素とパラメータを変換するための変換ルールが不可欠だからです。これらのルールはトランスレータファイル(拡張XML)ファイルに保存されます。データ変換の種類にあわせてトランスレータをいくつでも作成できるので、毎回ファイルの変換時にこれらの設定をしなくてすみ、時間を節約できます。

DXF-DWG変換設定

ダイアログボックスへのアクセス方法

  • データ変換設定を始めるときは、保存、開く、結合、またはXREFをアタッチダイアログボックスから直接開くか、インポート/エクスポートするファイル形式がDXF/DWGの場合です。

  • [ファイル] → [ファイル特殊] > DXF-DWG 変換設定 コマンドから直接もしくは、

  • [ファイル]  [ライブラリとオブジェクト] > [オブジェクトを開く]コマンドから開く、

  • [ファイル]  [ライブラリとオブジェクト] > DXF/DWGからブロックをインポートを通して開きます。


DXF-DWG変換設定

変換設定がどのように開かれたかによって、使用できる設定は異なります:


内臓のトランスレータについて

内臓のトランスレータを使用することはチームワークだけでははなく、社内でも効果があります、パートナーや同僚にファイルを変換して保存しなくてはならない時に同じ変換ルールを使用する必要があります。CADマネージャー(もしくは社内でその役割の方)がサーバーにトランスレータを配置することを推奨します。

変換設定のトランスレータのフィールドでは現在読込される全てのDXF/DWG変換設定が一覧されます。このフィールドの下に選択したトランスレータについての情報を見ることができます。

ArchiCADでは、DWGファイルを使用して作業をしやすくするために複数の内臓のトランスレータを提供しています。

  • 01 編集用出力: DXF/DWG形式に変換後も編集を続ける場合に、ArchiCADのレイアウト/ビューを保存するのにこのトランスレータを使用します。

  • 02 編集用入力: ArchiCADに変換後も編集を続ける場合にDXF/DWGの内容を開くのにこのトランスレータを使用します。

  • 03 現状出力: 変換後も編集すうることなくそのまま出力する場合に、ArchiCADのレイアウト/ビューを保存するのにこのトランスレータを使用します。(例えば, プランの承認用や、出力サービスに送る場合)

  • 04 ペン番号保持: 変換後もペン番号を保持したまま変種を継続する場合、ArchiCADのレイアウト/ビューをDXF/DWG形式に保存するのにこのトランスレータを使用します。

  • デフォルト このトランスレータはロックされており、他のトランスレータ全てが使用できない場合にArchiCADが使用します。


ArchiCADの内臓DXF/DWG変換設定の違い

01 編集用出力

02 編集用入力

03 現状出力

04 ペン番号保持

使用目的

エクスポート

インポート

エクスポート

エクスポート

開くオプション
寸法の変換方法

個別寸法

連続寸法

個別寸法

個別寸法

部分オープンを有効

(./)

保存オプション
AutoCADファイル形式

2004, 2005, 2006

2000, 2002

2004, 2005, 2006

2004, 2005, 2006

レイアウトの保存先

ペーパースペース ビュー一部

ペーパースペース Block図面

ペーパースペース Block図面

ペーパースペース ビュー一部

図面の配置先

リンクされたXREF図面

リンクされたXREF図面

3Dデータの保存

ポリゴンエッジを省略

ポリゴンエッジを省略
シンプルなデータ構造のファイルをエクスポート

ポリゴンエッジを省略

レイヤー
レイヤーの作成条件

ペン番号で拡張されたレイヤー

ArchiCADレイヤー

ArchiCADレイヤー

ArchiCADレイヤー

要素の保存

表示レイヤーのみ

全てのレイヤー

表示レイヤーのみ

表示レイヤーのみ

カスタムレイヤーを作成

窓、ドア、ゾーン

設定なし

ウィンドウ/ドア マーカー、ゾーンスタンプ/テキスト

ウィンドウ、ドア、ゾーン

レイヤー名変換

ArchiCADレイヤー を 0

設定なし

ArchiCADレイヤーを0

ArchiCADレイヤーを0、ドア/窓マーカー

ペンとカラー
ペンをカラーに変換

RGBカラー

RGBカラー

最適なカラーを使用

ペン/カラー変換

(./)

線種
開くときに既存の線種を維持

(./)

塗りつぶし
塗りつぶし背景をSOLIDハッチとして出力

(./)

グラデーション塗りつぶしを分解

(./)

塗りつぶし変換テーブルを使用

(./)