XREF

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2015年12月11日

XREFは外部参照ファイルです:DXFもしくはDWGファイル形式をArchiCADにインポートできます。例えば、構造エンジニアと容易に協業ができます。

XREFはプロジェクト内のドローイング種類と同様に描画要素として使用できます。(例.外構のアウトラインや内壁など)

このデータがファイル内にあるる場合、そのデータを実際に持っているプロジェクトファイルではないXREFファイルに含まれた幾何情報を他の図面ビューにアタッチできます。また、その外部参照したデータの源(DWGもしくはDXF)が更新された場合、これらの変更をいつでも利用可能な最新のXREFにすぐにアップデートできます。
XREFはArchiCADとAutoCAD両方に有用です ― 両アプリケーションは循環参照することができます。
以下もご覧ください: DWG/インポート

attachXrefIcon.png[ファイル]→[外部参照][Xrefをアタッチ…]コマンドもしくはXref管理ダイアログ内でアタッチするファイルを選択する際にDWGファイルをアタッチ出来ます。DWGファイルとそのオプションのダイアログが表示されます。

  • XREFアタッチ

XREFの名前: 既にアタッチされたDWGファイルもしくはエクスプローラから参照してアタッチしたDWGファイルの名称を指定します。
パス: 選択したファイルのパスが表示されます。

参照タイプ:
アタッチ: プトジェクトファイル内のネストされている全てのレベルを表示します。
オーバーレイ: プロジェクト内で参照されたネストのXREFは表示されません。

配置パレメータ:
挿入点: XY座標で、元の図面を囲う矩形の左下の隅の正確な位置座標を入力できます。また、平面図上でクリックすることでこれらの画面上のボックスを確認できます。
スケール: XおよびY方向にスケールを指定します、もしくは画面上でスケールを定義できます。 回転: 配置したXREF全体を挿入点から回転させ角度を指定できます、もしくは画面上で手動で指定します。
配置基準点: 図面を配置するXREFのどのにするかの制御に使用します。

フロアに配置: ドロップダウンリストを使用してXREFをどのフロアに配置するか選択します。
トランスレータ: このフィールドではアタッチされたAutoCAD図面の変換時の使用に現在選択しているDXF/DWG変換設定を表示します。

  • XrefManagerIcon.png 配置されたXrefファイルはXref管理ダイアログで管理します:[ファイル][外部参照]Xref管理…


 切り取りされたXREF

この種類のXREFを含んだDWGファイルを開くと、以下の事項が発生します:

  • クリップされたXrefの内容は表示されますが、Xref管理のXref一覧には現れません。
  • Xrefされたファイルは一覧に存在しますが、全ての内容(クリップされた内容だけではなく)が図面ビューに表示されます。

ArchiCADにXrefとして図面をアタッチした後、不必要な部分を表示もしくは隠すよう範囲を指定できます。この機能はレイヤー表示設定とは関連していません。

Xrefは変換ブロックと同じプロセスであり、以下が発生します:

  • DXF-DWG変換設定を使用し、開くオプションで2D要素もしくはグループ化された2D要素としてAutoCADブロックを変換(例えば、デフォルト)を指定すると、切り取り範囲は調整されますが、Xrefの接続は失います。

  • もう参照が必要ない場合、Xrefをバインドし、不要な要素を削除します。

  • 他の変換設定を使用し、開くオプションでAutoCADブロックをライブラリ部品として変換を指定すると、Xrefの接続はのこり、切り取られた情報は失います。この場合はXrefの不要な部分を隠すためペンカラー -1(背景色)を使用できます。

Related content