DXF/DWGファイルをインポート

by GRAPHISOFT · 最終更新日: 2015年12月11日

DXFおよびDWGファイルはArchiCADに以下の方法でインポートできます。

AutoCAD図面をArchiCADプロジェクトして開く
 [ファイル]→[開く]を選び、ファイルを選択します。
これはDWGファイルをArchiCADの新しいプロジェクトとして作業したいときに有効です。

AutoCAD図面をArchiCADプロジェクトに結合
DXF及びDWGファイルを現在開いているArchiCADプロジェクトに結合できます。[ファイル][ファイル特殊][結合]を使用して、結合したいDXF/DWGファイルを選択します。
こちらを使用することで既存のDWGレイヤーを含めてArchiCADの一部としてDWGをインポートしたいときに有効です。

 情報:結合するDXFもしくはDWGファイルをを保存した同じArchiCADファイルに戻す場合は、スマートマージ(往復変換)を使います、欠落を最小限に抑えられ、また干渉と追加した情報の交換ができるためです。

AutoCAD図面をXREFとして追加
平面図もしくはワークシートウィンドウにて、[ファイル][外部参照][XREFをアタッチ]を使用します。XREFはホットリンクモジュールに似ていますが、それはArchiCADファイルではなくDWFまたはDWGファイルです。同様にプロジェクト内の図面いくつかと同様に描画する用としてXREFを使用します。(例.外構のアウトラインや内装の壁など)
これはArchiCADプロジェクト内で編集したいわけではく、DWGを1つとしてインポートしたいときに有効です。アタッチを解除できるので、インポートした後でも1ステップで全ての属性を削除できます。

図面としてレイアウトもしくはモデルビューに配置
[ファイル][外部参照][外部図面を配置]コマンドの使用、図面ツールまたはドラッグ&ドロップで図面をレイアウトもしくはモデルビューに配置します。図面全体でサイズを変更したりできます。
属性を使用しないのでインポートすることなく、かつArchiCADで内容を変更せずにDWGを参照として(トレースなどに)使用したいときなどに有効です。DWGのスナップ点は図面にて検出できます。

  •  情報:DWGを描画要素として編集したい場合、現在のビューで[編集][変形][分解]を選択し、それから必要に応じて線画やテキストを修正します。このアプローチは全ての要素が同じレイヤーになり、複数のレイヤーをレイヤー一覧に追加するよりも二次的なメリットがあります。

DWGファイルをライブラリ部品として開く
[ファイル][ライブラリとオブジェクト][オブジェクトを開く]でDXF/DWGファイルをライブラリ部品として開くこともできます。GDLマスタウィンドウが開き、ファイル全体から取得した新しいオブジェクトを設定できます。

DXF/DWGからブロックをインポート
ブロックをインポートする機能([ファイル][ライブラリとオブジェクト][DXF/DWGからブロックをインポート]でAutoCADブロックからArchiCADライブラリ部品に変換します。新しく作成されたライブラリ部品はオブジェクトとして配置できます。

DWGファイルをインポートする時のベストな選択は?

開く 結合 XREF 図面 オブジェクト
属性(線種、塗りつぶし)をインポートしますか? はい はい はい いいえ いいえ
インポートした属性は編集できますか? はい、全て個別で編集できます はい、全て個別で編集できます はい、アタッチ解除後にできます
インポートした属性は追加されますか? はい、開くとプロジェクトの一部となります はい、結合するとプロジェクトの一部となります はい、バインド後になります はい、拡張コマンドを使用して追加します いいえ
レイヤーはインポートされますか? はい はい はい はい はい
インポートしたレイヤは表示/非表示を切り替えられますか? はい いいえ はい、アタッチ解除なくできます はい いいえ
DWGはモデルビューに配置できますか? はい はい はい はい はい
DWGはレイアウトに配置できますか? はい、ペーパースケールの内容がレイアウトブックに表示されます はい、ペーパースケールの内容がレイアウトブックに表示されます いいえ はい いいえ
インポートに変換設定が必要ですか? はい はい はい いいえ  いいえ
固有のペンセットを保持できますか? はい いいえ いいえ いいえ いいえ
3Dデータをインポートできますか? いいえ いいえ いいえ いいえ はい

 

 注意:DWGファイルをUCS(ユーザー座標系)が有効の状態で保存された場合、元のAutoCADの場所と異なる位置にDWGがインポートされる事があります。AutoCADではユーザー座標をグローバル座標の原点として設定することができます。ArchiCADは常にDWGの原点はAutoCADのグローバル座標を使用して、ArchiCADのプロジェクト原点から計算された距離でプロジェクトを配置します。 AutoCADでユーザー座標を設定している場合、DWGファイルの原点をグローバル原点に戻すとこの問題は解決します。

DXF-DWG変換設定

DWGデータがどのようにインポートされるかはArchiCADのDXF-DWG変換設定で使用した設定に依存します;このダイアログボックスではDXF/DWGファイルをインポートするときに、ArchiCADの要素に解釈する方法を定義します。

変換設定の開き方によっては、設定は全て表示されません。例えば、開く結合もしくはXREFでダイアログボックスに開くオプションが一覧され、保存オプションは表示されません、逆の場合も同様です。[ファイル][ファイル特殊]メニューから開いた場合は全てのオプションが一覧されます。