スタンドアロン版(ワークステーション)ライセンスの解除方法

Solibri Model Checker スタンドアロンラインセンスの返却方法

スタンドアロンラインセンスを他のコンピュータで利用するには、ライセンスの返却をおこなう必要があります。


ステップ 1. ワークステーションラインセンスの返却 (Windows/Mac):
※ライセンスの返却にはインターネット接続が必要になります。

WINDOWS

  1. “Solibri Model Checker v9.x.exe”が保存されているフォルダを開きます。xにはご利用中のバージョンの数字がが入ります。(通常インストールの場合は: C:¥Program Files¥Solibri¥SMCv9.x)
  2. “Solibri Model Checker v9.x.exe”をSHIFTキーを押しながら、右クリックでメニューから”パスのコピー”を選択します。
  3. コマンドプロンプトを起動し、コピーしたパスを貼り付けます(CTRL+V)
  4. コピーされたコマンドに”-returnLicense”を追加し、ENTERを押してSolibri Model Checkerが起動します。(例:”C:¥Program Files¥Solibri¥SMCv9.7¥Solibri Model Checker v9.7.exe” -returnLicense)
    ”-returnLicense”の前にスペースが入りますのでご注意下さい! 
  5. [ファイル]→[ヘルプ]を選択し、[ライセンスの返却]をクリックすると、ライセンスの返却が実行されます。
  6. [ファイル]→[環境設定]を選択し、[基本設定]のダイアログを開き「登録内容を記憶」にチェックが入っている場合は、外して下さい。
  7. Solibri Model Checkerを終了して、ライセンスの返却が完了です。

MAC

  1. ターミナルを開きます (terminal.app)
  2. Solibriのアプリケーションのディレクトリに移動します。例:”cd /Applications/Solibri\ Model\ Checker\ v9.x” ※xにはご利用中のバージョンの数字がが入ります。
  3. 次のコマンドを入力し、ENTERを押してSolibri Model Checkerが起動します。”Open Solibri\ Model\ Checker\ v9.x.app –args -returnLicense” ※xにはご利用中のバージョンの数字がが入ります。”args”の前にはハイフンが2つあります(- -args)
  4. [ファイル]→[ヘルプ]を選択し、[ライセンスの返却]をクリックすると、ライセンスの返却が実行されます。
  5. [ファイル]→[環境設定]を選択し、[基本設定]のダイアログを開き「登録内容を記憶」にチェックが入っている場合は、外して下さい。
  6. Solibri Model Checkerを終了して、ライセンスの返却が完了です。