はじめてのSolibri Solution Centerの設定

クラウドベースの簡単なライセンス管理

全てのライセンスはオンラインで管理することができ、管理者はユーザライセンスと選択したアドオンに直接アクセスできます。それによってユーザ管理を容易に行うことができ、リモートで実行することができます。


Solibri Model Checker ライセンスのアクティベーション方法

1. Solibri Solution Center(SSC)の登録

Solibri Solution Center(SSC)ウェブサイト(https://solution.solibri.com)を開き、「新規アカウントを作成」リンクをクリック。
次に「正規登録」を選択し、登録を行なってください。
アカウント番号の項目には、納品書に記載されています「Solibri Solution Center アカウント番号」を入力してください。その他の情報を入力し、登録を完了させます。

 ここで追加されたユーザーは「管理者」の権限を有するアカウントになります。
後ほど他のユーザーにも管理者権限を設定する事ができます。

2. 登録が完了後、管理者ビュー(ページ)の「概要」タブが開きます。

使用可能な言語で「日本語」が選択されていることを確認し、「更新」ボタンをクリックして下さい。
選択されている言語に応じて、異なる製品、ドキュメント、Extension が提供されます。

3. アカウントにユーザを登録

Solibri Model Checkerを利用するユーザ、一人ひとりに対してユーザアカウントを登録する必要があります。追加ボタンをクリックし、ユーザーの詳細を入力。通常のユーザーの場合は「条件設定」にチェックを入れる必要はありません。

 注意:ワークステーションライセンスを購入された場合は、購入されたライセンス数と同じユーザを登録することが可能です。始めに登録した管理者も一人のユーザとしてカウントされます。

 ユーザー登録を行うと、SSCから自動的に登録案内のメールが送信されます。ユーザーはメールのリンクからパスワードの設定を行います。メールアドレスがユーザー名になりますので、ご注意下さい。

4. ライセンスアサイメント(ライセンスの割り当て)

メニューから「ライセンスアサイメント」に移動し、各ユーザが利用できる製品を設定します。通常は「Solibri Model Checker」のチェックを全てのユーザの欄にチェックを入れます。

更新ボタンをクリックして、変更内容を保存します。

5. ユーザプール管理

ユーザプールに対して、ライセンスを割り当てる必要があります。ユーザが属するプールに対して、ラインセンスを割り当てます。
「ライセンス割り当ての更新」ボタンをクリックし、変更を反映して完了です。
はじめてのSolibri Solution Centerの設定は以上になります。
これにて、ユーザーはログイン(メールアドレス)とパスワードを利用して、Solibri Model Checkerの起動が可能になります。
Solution Centerの詳しい利用方法は「Solibri Solution Centerアカウント管理者ガイド」を参照してください。