エクスポートオプション

Header 1 Header 2
Division 1 Division 2
ifc-translator-export

エクスポートする要素

この値によって、エクスポート処理で使用するデフォルトのフィルタが決まります。

 注記

  • エクスポートの開始時にプロジェクトに選択した要素がある場合、トランスレータのデフォルト設定に関係なく、自動的に[選択した要素のみ]に変更されます。

IFCモデルビュー定義(MVD)

IFC モデルの保存を、広く使用されている「Coordination View」規格のバージョンで行うか、または別のモデルビュー定義(MVD)で行うかを選択します。事前に設定されたリストに必要なモデルビュー定義が含まれていない場合は[カスタム]を選択し、MVD に必要なヘッダー情報を[カスタム拡張ビュー名]フィールドに入力します。

 注記

  • 選択したMVD によって、下記の「形状表現」および「エクスポートする派生モデルデータ」のいくつかは修正不能になります。例えば、「Coordination View(表面形状)」を使用している場合、各要素の形状表現はBREPである必要があります。別の例を挙げると、「Concept Design BIM 2010」のMVDでは、IFC製品タイプ要素形状のエクスポートが必要ですが、「Coordination View」ではエクスポートできません。

エクスポートするプロパティ

このオプションを使用して、モデルを保存する際に使用するプロパティセット(IFC プロパティおよび分類参照)を設定します。IFCマネージャーで使用可能な全てのプロパティか、またはIFCスキーム設定の現在のプロパティ(IFC マネージャーで[スキーム項目のみを表示]表示モードで確認可能)のいずれかを選択します。例えば、[IFC スキーム設定]ダイアログボックスでCOBie.xml スキームのみが有効な場合で、[現在のスキームプロパティのみ]を選択した場合は、COBieスキームの一部として設定したデータのみが保存されます。

形状変換

ifc-translator-geometry-convert

 

まず形状変換で設定できる形状の種類についてご紹介します。

押し出し / 回転

要素のパラメータ値(基準線または辺の厚さ、高さ、位置や複合材質の仕上げ構造など)は保持されます。要素のパラメータを保持することが目的で、一部の特殊な断面や特殊な切断角度(スラブの傾斜エッジなど)は表現されません。ifc-translator-smc

※断面形状や複合構造の情報が取り出せます。

BREP(境界表示)

この方法は、要素の形状の特殊な断面および接続を再現する方法です。ただし、要素のパラメータは失われ、インポートした IFCファイルのBREP要素は編集不可能な要素に変換されます。この方法は要素の形状を最も正確に再現できるため、「参照モデル」として役立ちます。干渉チェックなどにお使いの場合はBREPで正しく出力していただくのがおすすめです。

下左図のように包絡個所が表現されて出力されているのがBREPです。

ifc-translator-brep

全ての要素にBREP 形状を使用する

全てのモデル要素をBREP(境界表現)形状のみでエクスポートする場合は、このオプションをオンにします。また、このオプションによって、あらゆる複雑な要素や、ソリッド要素編集中の要素、接合部の要素などのBREP形状表現が設定されます。

複合構造および断面形状要素を部品に分解

これにより、複合構造要素(スラブや壁など)および断面形状(柱、壁、梁など)が、いわゆる「建築要素部分」として保存されます。これは、主要な要素(IfcWallなど)は形状を持たないコンテナ要素として保存され、層または断面形状構成要素が形状を形成するということを意味します。このオプションを使用すると、各構成部品のビルディングマテリアルに割り当てられた個々のカラーを正確にエクスポートすることができます。

ifc-translator-explode

“干渉検出に関係”する形状のみを出力する

 各ビルディングマテリアルについて、干渉検出に関係するかどうか設定することができます([オプション]→[属性設定]→[ビルディングマテリアル]→[タグとカテゴリ])。このエクスポートオプションを使用して、空気層のようにソリッド形状を持たない複合構造要素/ 断面形状をエクスポートすることができます。そうすると、設備設計者が空気層の位置にパイプを配置しても、モデルチェッカーやGRAPHISOFT MEPモデラーで干渉検出に関係しません。

複層複雑形状

このオプションは、複雑な(傾斜など)形状表現を持つ複数の仕上げ層(複合構造または断面形状)から成るARCHICAD要素に影響を及ぼします。

  • [建築要素部分]:
    要素(壁など)は、建築要素部分を含むIFC 要素(IfcWallなど)になります。このオプションの利点は、ARCHICAD でビルディングマテリアル(切断塗りつぶし)によって表現されるIFC 材質や断面形状にそれぞれ建築物要素が割り当てられることです。
  • [断面形状]:
    要素はIFC要素となり、これに対して断面形状や材質リストがIFC材質の形式で割り当てられます(受け入れ側のアプリケーションでは、それぞれの構成要素/塗りつぶしの正確な順序は把握できません)。

 注記

  • [躯体のみ]躯体表示が有効な場合、1つの躯体を持つ傾斜のある複合構造では、壁が複合要素とみなされないために、[断面形状として]オプションは無効になります。

ソリッド要素編集中の要素

  • 押し出し/回転:前述参照
  • BREP:前述参照

接合部を含む要素

  • 押出/ 回転:前述参照
  • 接合部を含まない押出/回転:前述参照
    優先度に基づいて生成された接合部をもちません。この場合、エクスポートのプロセスがより速くなります。構造分析プログラム用や、要素の基準線/ 表面情報が十分な場合、詳細な交差部が必要でない場合には、このオプションをお勧めします。
  • BREP:前述参照

傾斜エッジを含むスラブ

  • 押し出し
    スラブは傾斜辺が含まれる場合でも、垂直辺でエクスポートされます。
  • BREP
    オリジナル形状のとおりにエクスポートされます。

Coordination View 1.0 などの旧式の形状方法を使用

IFCモデルビュー定義(MVD)でカスタム(Coordination View 1.0 の図形作成法に準拠)を作成した場合、このオプションが選択可能になります。

IFCサイト形状

ARCHICADでは、IfcSite形状は、メッシュ要素、サブタイプ「Ifc2x_Site」のオブジェクト、および「サイト形状」として分類(要素分類)される任意のモデル要素(スラブ、モルフなど)を使用して作成できます。これらの要素のエクスポートは、それらがエクスポートを開始するビューで表示/ 選択されているかどうか、および「エクスポート」オプションでの選択内容に応じて行われます。IFCモデルでこれらの要素に形状表現を適用するには、ドロップダウンリストを使用します。パートナーのアプリケーションで読み取り可能なサイト形状の種類に応じて、各オプションを選択してください。

  • 境界表現(BREP):
    表面と境界表面で囲まれたソリッドボディとしての形状表現。
    BREP は境界表現モデルの単純な形式で、全ての面は2 次元で、全ての辺は直線です。
  • フェースベースの表面(上面):表面(上面)のみの形状表現。
    ジオメトリセット(ワイヤフレーム):輪郭と点による形状表現。

 注記

  • ARCHICAD では、3 種類のIFC サイト形状を全てインポートできます。

エクスポートする派生モデルデータ

ifc-translator-modeldata

スペース閉じ込め

スペース閉じ込めで、ARCHICADゾーン(IfcSpaces)と空間内にオブジェクトおよびモルフツールで定義した作り付け家具、設備(HVAC)、その他の要素間の関係性を定義します。モデルを設備管理アプリケーションに送信する場合、このチェックボックスをオンにします。

ifc-translator-CODE

境界線

建築物要素の境界線の寸法をエクスポートします。

基本数量(長さ、面積、体積)

IFCデータから測定した数量が取り出されます。コスト見積りアプリケーションとの連携に役立ちます。

ifc-translator-smc2

全てのARCHICAD BIMパラメータ

このオプションにより、全てのArchiCAD パラメータ(ライブラリ部品パラメータを含む)および数量(一覧表で使用可能)が、接頭文字「AC_Pset 」が付いた(ライブラリ部品の場合、「AC_Pset_ ライブラリ部品名」)プロパティセットとしてグループ化されたIFCプロパティとして、エクスポートしたIFCファイルに追加されます。例えば、数量見積もりでは数量を使用でき、モデルビューワーやFM プログラムではプロパティを使用できます。

ifc-translator-smc-door

 注記

  • このオプションを選択すると、IFC ファイルのサイズが非常に大きくなります。そのため、ターゲットアプリケーションが上記データを使用できることが判明している場合にのみ、使用してください。

IFCスペース境界

スペース境界と、そのスペースを囲っている壁、スラブとの関連内容(IfcRelSpaceBoundary)がゾーン(IfcSpace)と一緒に IFC ファイル にエクスポートされます。つまり、各ゾーンの境界を構成する要素の位置、サイズ、 隣接性が計算されます。接続する要素と開口の領域に従って、ゾーン境界が分割されます。

ARCHICADゾーンカテゴリをIFCスペース分類データとして

ARCHICAD ゾーンのゾーンカテゴリデータ(コードと名前)を、その(IfcSpace)IFC分類参照データ(ItemReference と名前)としてエクスポートします。

IFCモデル単位

単位を設定します。形状プロパティでメートル法またはインペリアル法を選択します。

※インポートの際は、常にARCHICADのモデル単位の環境設定([オプション]→[プロジェクト設定])を使用して表示されます。

グローバルユニークID(GUID)

[ARCHICAD IFC IDを保持]オプションを選択すると、自動的に割り当てられるIFC GlobalId は、同じGUIDが保持されます。

※「IFCモデルの変更を検出」(ファイル>ファイル特殊>IFC2x3)をご利用の際はこちらのオプションにより、同じ要素の認識が正確に行えます。Solibri Model Checkerなどの他のソフトを利用してIFCモデルを比較する場合にも同様の理由で有効です。

[新規作成]新しくエクスポートするIFC ファイルの要素に対して新しいGlobalId が生成されるため、新しくエクスポートしたバージョンは旧バージョンと完全に分離されます。

IFCファイルエンコード

ANSI:

古いバージョンのARCHICADやその他多数のアプリケーション(構造、設備など)ではANSIしか使用できないため、互換性の理由からこれをデフォルトのオプションとしています。

Unicode:

異なるプラットフォーム間(MacOSと WindowsのARCHICAD 15など)や異なる言語環境間(異なる言語バージョンのARCHICADなど)でIFCモデルを交換する場合に推奨するオプションです。 データ交換する相手のアプリケーションで日本語が文字化けする場合など、こちらを選択すると上手くいく場合があります。

※Unicode オプションに切り替える前に、データ交換する相手のアプリケーションがこのオプションに対応していることを確認してください。

※.ifcxml 形式で保存する場合は、Unicode オプションは無効です。この形式にエクスポートする場合は常に UTF 8 コードが使用されます。