インポート/エクスポートフィルタオプション

概要

IFCファイルインポート/エクスポート時の変換対象を設定します。

ifc-translator-import

IFCドメイン

IFCドメインを利用してインポート/エクスポートしたい要素を選択可能です。

  • [全て]はモデルの全ての要素、
  • [構造]は構造建築物要素のみ(IfcBuildingElement)、
  • [MEP]は設備要素のみ(IfcDistributionElement)

各ドメインフィルタの正確な構成を確認するには、[オプション]をクリックします。これらのオプションを変更すると、「カスタム」フィルタが作成されます。

ifc-translator-domain

構造機能

こちらもエクスポート/インポートの際の要素フィルタとして使用します。エクスポートでは要素の構造機能分類が、インポートではIFCプロパティ(LoadBearing)が考慮されます。

構造機能フィルタは、ARCHICADのゾーン(IfcSpace)には影響を与えず、選択したエクスポート方法(可視要素、選択要素のみ、またはプロジェクト全体)の対象となる場合にはエクスポートされます。

  • [全要素]: 要素の構造機能分類を考慮しません。
  • [構造耐力要素のみ]:「構造耐力要素」として分類された要素のみがARCHICAD からIFCにエクスポートされ、IFCプロパティ「LoadBearing」が値「True」を持つ要素のみがIFCファイルからARCHICAD にインポートされます。
  • [非構造耐力要素のみ]:「非構造耐力要素」として分類された要素のみがARCHICADからIFC にエクスポートされ、IFC プロパティ「LoadBearing」が値「false」を持つ要素のみがIFC ファイルからARCHICAD にインポートされます。

 注記:

  • 構造機能分類がARCHICADプロジェクトに存在しない場合、または分類処理がARCHICADで完了していない場合は、[全要素]を選択してください。他の2つの設定(「構造耐力要素のみ」と「非構造耐力要素のみ」)を選択すると、空のIFC ファイルまたは必要な要素が欠落したIFC ファイルが生成される可能性があります。
  • モデルフィルタオプション(インポート時に表示)を使用するとこちらで設定されている内容を上書きできます。

IFC注釈とARCHICADの2D要素を変換

このチェックボックスをオンにすると、2D要素(テキスト、ラベル、塗りつぶし、線、円弧、円、ポリライン、スプライン、全ての寸法タイプ)のエクスポート処理が可能になります。ただし、エクスポートするファイルに2D要素を組み込む場合、[エクスポートオプション]パネルで設定したオプションの影響も受けます。

  • 3D表示が有効な場合、2D要素を組み込むことができるのは、[プロジェクト全体]オプションが使用されている場合のみです。
  • 平面図が有効な場合、[表示]オプションは表示されている2D要素のみを保存し、[選択した要素のみ]は選択した2D要素のみを保存します。

これらの2D要素はIFCスキーム構造にIfcAnnotationとして表示されます。IFC 2×3標準には寸法要素がないため、寸法は線とテキストに分解されます。

このチェックボックスをオンにすると、インポート時にIFCファイルの全てのIfcAnnotationタイプ要素(分解寸法要素を含む)がARCHICADにインポートされ、2D 要素(テキストと線)に変換されます。

通り芯要素を変換

このボックスをオンにすると、エクスポート処理にIFCファイル内の通り芯設定(デザイン)の通り芯要素と通り芯オブジェクトが組み込まれます。

ドアおよび窓の2D シンボルを変換

このボックスをオンにすると、エクスポート処理に、3Dモデル形状に加えて、ドアおよび窓の2Dシンボルが組み込まれます。この機能は、データを受け取るプログラムがデータを読み込める場合に便利で、例えば、ドアの開口方向を正確に表示します。

インポート時は、インポートした2Dシンボルに基づいて、作成した全てのドアおよび窓が、平面図ビューにおいて、正しい開口方向とサイズで表示されます。