プロジェクト/ライブラリスナップショットとリストア

プロジェクトルート、フォルダ、プロジェクトおよびライブラリで利用できる[スナップショット]パネルでスナップショットをスケジュールします。

ここに示すコントロールの説明については、「スナップショット」を参照してください。

PLNプロジェクトスナップショット

PLNプロジェクトスナップショットにはモデルデータのみ含まれます。また、ARCHICADの単独モードでプロジェクトを開くことができます。PLNスナップショットプロセスはクライアントのコンピュータを使用し、スナップショットを作成する前にクライアントの確認を要求します。

注記:PLNスナップショットは、役割設定で次のアクセス権をもつユーザーのコンピュータでのみ実行できます:PLNスナップショット – 作成用のコンピュータを使用

PLNスナップショットがスケジュールされた時間になると、(「PLNスナップショット-作成用のコンピュータを使用」というアクセス権をもつ役割の)全てのクライアントのチームワークパレットの[送信/受信]コマンドの横に「スナップショット保留」アイコンが表示されます。

PLNスナップショットがスケジュールされた時間になると、ユーザーがコマンド([送信/受信]、[変更内容を送信]、[変更内容を受信]または[変更内容を送信/コメント])を実行している場合、PLNスナップショットが保留中でありスナップショットを行うには送信/受信を完了する必要があるという通知が表示されます。

これに対応するには2つのオプションがあります。

1.[続行]をクリックします。送信/受信が実行され、続いてPLNスナップショット処理が行われます。

2.その他のボタン(実行したコマンドによってテキストが異なります)をクリックします。元のコマンド([送信/受信]など)が実行されますが、スナップショットは実行されません。

保留中のPLNスナップショットがある場合、オンラインになったユーザーに警告され実行を求められますが、[続行]をクリックしてバックアップを実行する必要があるのは1名のユーザーです。(バックアップを行った時点で「保留中」アイコンはチームワークパレットに表示されなくなります)。残りのユーザーは通常どおりに作業できます。PLNスナップショット処理中は、続行を確定したユーザーはARCHICADの操作を行うことができず次の通知が表示されます。

どのユーザーも[続行]をクリックしない、または全てのユーザーがスナップショットのスキップを選択した場合は、PLNスナップショットバックアップは作成されません。送信/受信を完了してからスナップショットを実行することを1人のユーザーが選択するまで、「スナップショット保留」アイコンはチームワークパレットに表示されます。

BIMプロジェクト/ライブラリスナップショット

BIMプロジェクトスナップショットにはモデルデータ、およびBIMcloud関連の全ての情報(ユーザーデータや役割など)が含まれます。BIMプロジェクトスナップショットは、[プロジェクトスナップショットスケジュール]ダイアログボックスで設定したスケジュールに従ってバックグラウンドで自動的に作成されます。

ライブラリスナップショットには、ライブラリのライブラリ部品の全てのデータが含まれます。確保データは含まれません。すなわち、ライブラリ部品は、スナップショットの時点で特定のユーザーによって確保された場合でも、ロールバック後に未確保になります。

BIMプロジェクトスナップショットの作成が手動で開始した場合、スナップショット作業の進捗状況がManagerインターフェイスの右上に表示されます。スナップショットが完了すると、スナップショットの一覧に表示されます。

スナップショットを完了するには、ユーザーの操作は必要はありません。

スナップショットファイルの保存場所

プロジェクトスナップショットファイルは両種類(BIMプロジェクトスナップショットおよびPLNスナップショット)とも、BIMcloud Serverをインストールした[プロジェクト]→[バックアップ]フォルダに.archive拡張子で保存されます。

ライブラリスナップショットは、BIMcloud Serverをインストールした[添付]→[バックアップ]フォルダに.archive拡張子で保存されます。

BIMcloudが実行中であれば、Managerのインターフェイスの[プロジェクト]ページの[スナップショット]パネルで[ダウンロード]ボタンをクリックして、任意の場所にスナップショットファイルをダウンロードすることができます。ダウンロード時に、ファイルの拡張子が.BIMLibraryまたは.BIMProjectになります。

スナップショットファイルのリストア方法

BIMプロジェクトスナップショットおよびライブラリスナップショットは、実行中のBIMcloudに復元できます。

次のセクションを参照してください。

同一のBIMcloudでBIMプロジェクト/ライブラリスナップショットのロールバック

スナップショットファイルをダウンロードし、BIMcloudにインポート

PLNスナップショットは単独のARCHICADプロジェクトとしてのみ開くことができます。開いた後で再共有します。

次のセクションを参照してください。

PLNプロジェクトスナップショットをダウンロードして、単独プロジェクトとして開き再共有する

同一のBIMcloudでBIMプロジェクト/ライブラリスナップショットのロールバック

現在のプロジェクト/ライブラリのバージョン(ナビゲータで選択されているバージョン)をスナップショットファイルに置き換える場合や、新規プロジェクトを作成する場合は、[ロールバック]を使用します。

1.BIMcloud Managerの[プロジェクト]ページのナビゲータから、プロジェクトまたはライブラリを選択します。

2.[スナップショット]パネルを開きます。

3.スナップショットリストから、BIMプロジェクト/ライブラリスナップショットを選択します。

4.[ロールバック]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/bimcloud/30-bimcloudmanager/RollbackProjectDialog.png 

5.ロールバックオプションを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/bimcloud/30-bimcloudmanager/RollbackProject.png 

[このプロジェクト/ライブラリを上書き]:選択したスナップショットで現在選択されている項目を上書きして置き換えます。

プロジェクトロールバックの場合:全てのユーザーがプロジェクトの新しいバージョンに再参加する必要があります (ユーザーは未送信の変更を破棄するか、現在のバージョンを単独プロジェクトとして保存する必要があり、上書きされたプロジェクトに未送信の変更を送信することはできません)。

[スナップショットから新規プロジェクト/ライブラリを作成]:選択したスナップショットファイルは、新しい別のプロジェクト/ライブラリとしてサーバー上に作成されます。

6.[ロールバック][OK]をクリックします。

プロジェクトまたはライブラリがBIMcloud Managerの[プロジェクト]ページで使用できるようになりました。

スナップショットファイルをダウンロードし、BIMcloudにインポート

機能している他のBIMcloud上でプロジェクト/ライブラリで作業を行う場合は、スナップショットファイルをダウンロードしてから、他のBIMcloudにこのファイルをインポートします。

1.BIMcloud Managerの[プロジェクト]ページのナビゲータから、プロジェクトまたはライブラリを選択します。

2.[スナップショット]パネルを開きます。

3.スナップショットリストから、BIMプロジェクト/ライブラリスナップショットを選択します。

4.[ダウンロード]をクリックします。

5.スナップショットの保存先フォルダを選択します。

6.BIMcloud Managerの[プロジェクト]ページを使用して、機能しているBIMcloud上のフォルダにこのスナップショットをインポートします。

プロジェクトまたはライブラリをフォルダにインポート」を参照してください。

注記:BIMプロジェクトスナップショットには全てのユーザーデータや役割が含まれるため、ユーザーの追加や役割の定義を再度行わなくてもすぐに作業を再開できます。

PLNプロジェクトスナップショットをダウンロードして、単独プロジェクトとして開き再共有する

PLNスナップショットは単独のARCHICADプロジェクトとしてのみ開くことができます。PLNバックアップはどのバージョンのARCHICADでも開くことができます。機能しているBIMcloudにアクセスが得られたら、プロジェクトを共有してチームワークでの作業を続行できます。

1.BIMcloud Managerの[プロジェクト]ページのナビゲータから、プロジェクトを選択します。

2.[スナップショット]パネルを開きます。

1.スナップショットの一覧から任意のPLNスナップショットを選択します。

2.[ダウンロード]をクリックします。

3.スナップショットファイルの保存先フォルダを選択します。

4.現在の、またはより新しいバージョンのARCHICADを使用して、PLNファイルを単独プロジェクトとして開きます。

5.BIMcloudが再稼働したらすぐにプロジェクトを再共有して、チームワークで作業を続行します。