プロジェクトステータス

プロジェクトステータスは、以下を反映します。

そのホストサーバーが実行中かつアクセス可能かどうか

そのデータがホストサーバー上で使用可能かどうか

プロジェクトがアクセス可能か、ロック状態か

ポップアップには異なるコマンドが、それぞれの状態に応じて表示されます:

状態に応じてロック/ロック解除が表示されます。

リンク先…:ホストサーバーにプロジェクトデータが見つからない場合、異なる、現在の未使用のプロジェクトに再リンクできます。

ホストされたプロジェクト/ライブラリ」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/bimcloud/30-bimcloudmanager/key00005.png必要なアクセス権:

簡易管理モード:サーバー/プロジェクト管理者

詳細管理モード:プロジェクトのロック/ロック解除

プロジェクトには、デフォルトでアクセスできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/bimcloud/30-bimcloudmanager/AccessibleProject.png 

プロジェクトのロック/ロック解除

ロック機能は、管理者が管理機能を実行している間プロジェクトデータを「フリーズ」するよう設計されています。

プロジェクトのロック中は、参加中のユーザーは変更の送受信やプロジェクトデータへの変更ができません。

プロジェクトは、チームワークプロジェクトを別のバージョンに移行する場合も自動的にロックされます ([チームワーク]→[プロジェクトを移行])。

ロックされたプロジェクトは、ナビゲータで赤いバッジ付きでリストされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/bimcloud/30-bimcloudmanager/LockUnlockProject.png 

ロックされたプロジェクト

同様に、ロックされたプロジェクトは、ロックアイコン付きでARCHICADの[チームワークプロジェクトを開く/参加]ダイアログボックスに表示されます。

プロジェクトのロックが解除されると、ユーザーは再度そのプロジェクトで作業を行い、変更を送信/受信することができます。