要素への特性の割り当て

設定ダイアログボックスで組み立て要素を編集するときは、[リストパネル]で要素に特性オブジェクトを割り当てることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ListingPanel.png 

注記: パネルはデフォルトでは表示されません。構造要素の設定で有効にするには、[オプション]→[作業環境]→[ツール設定ダイアログボックス]に移動してください。

このリンクは、条件別にまたは個別に設定できます。

条件を使用して特性オブジェクトを割り当てる(つまり、[プロパティオブジェクトを基準にリンク]ダイアログボックスで行った条件選択と一致する全ての要素に割り当てる – 上記参照)には、[リストパネル]の[基準別のリンクプロパティオブジェクト]チェックボックスをオンにします。これらの条件と一致する特性オブジェクトがパネルに表示されます。

特定の要素に対する特定の割り当てを作成することによってこの設定を無効にすることもできます。この場合、[基準別のリンクプロパティオブジェクト]チェックボックスをオフにし、その下の[個別]チェックボックスをオンにして、[選択]をクリックします。

注記: 両方のチェックボックスを同時にオンにして、組み合わされた割り当てを作成することができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ChooseIndividualLink.png 

特性オブジェクトの手作業での割り当てまたはキーワードを使用した割り当ては、この章の最初の方で説明したように、条件を使用した割り当てと同じ方法で行うことができます。