B: グラフィックテンプレートの設定例

1.[特性を新規作成]コマンドを選択します。特性オブジェクトをライブラリの[特性データ]フォルダに保存します。例えば「drawing」という名前にします。

2.新しいパラメータXおよびYを作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/EditPropertyObject.png 

3.特性スクリプトウィンドウで、「DRAWING」と入力します。

4.2Dスクリプトウィンドウで、次のように入力します。

「DRAWING3 7, 270, 2
ADD2 x,y
DRAWING2」

詳細については、ARCHICADヘルプの『GDLリファレンスガイド』を参照してください。

5.特性オブジェクトを保存します。

6.平面図でオブジェクトを選択し、選択したオブジェクトにこの特性オブジェクトを割り当てます。オブジェクト設定ダイアログボックスのリストパネルで[条件による]チェックボックスをオフにし、[個別]チェックボックスをオンにます。

注記: リストパネルはデフォルトでは表示されません。構造要素の設定で有効にするには、[オプション]→[作業環境]→[ツール設定ダイアログボックス]に移動してください。

7.作成した特性オブジェクト(図面)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/LinktoDrawing.png 

8.[リストの設定]ダイアログボックスを開きます。[一般要素リスト]設定をクリックし、これを複製します。「My Object Inventory」という名前を付けます。

9.[要素]タブページで、リストに含める唯一の要素タイプとしてオブジェクトを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ChairOnly.png 

10.[特性とパラメータ]タブページで、[構成要素]ボックスと[記述項目]ボックスの一覧の[なし]をクリックし、パラメータリストの次のパラメータのチェックボックスをオンにします。

ユーザーID

厚さ/サイズ

最大高さ

ライブラリ部品名

フロア名/ビューポイント名

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/42_0002.png 

11.[リスト形式]タブページで、グラフィックテンプレートを選択します。それから、表示されるパラメータの順番を変更します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/42_0003.png 

12.[フォーマットウィザードを開始]/[フォーマットアシスタントを開始]をクリックします。

13.表示されたウィンドウの[ローカル名]の一覧の[一般要素一覧]をクリックします。

14.[複製]をクリックします。新しいリストレイアウトに、「#My Object Inventory」という名前を付けます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/43_0001.png 

15.[ヘッダー]ボタンをクリックします。[レコードタイプ]ボックスの一覧の[空のヘッダー(横方向)]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/43_0002.png 

16.[編集]ボックスの一覧の[フッター]をクリックし、次に[レコードタイプ]ボックスの一覧の[空のフッター(横方向)]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/43_0003.png 

17.[編集]ボックスの一覧の[背景]をクリックし、[合計幅]ボックスに「260mm」、[合計高さ]ボックスに「180mm」と入力します。この下の幅と高さのボックスにも同じ数字を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/43_0004.png 

18.[画像]をクリックし、[画像の使用]ボックスの一覧の[なし]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/44_0001.png 

19.[境界]をクリックし、[フィールド境界]ダイアログボックスを開きます。全てのチェックボックスをオンにして、フィールドの各辺に枠を描きます。[OK]をクリックして[ページ項目の編集]ダイアログボックスに戻ります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/field-borders00007.png 

20.[編集]ボックスの一覧の[最初のページのヘッダー]をクリックし、次に[レコードタイプ]ボックスの一覧の[空のヘッダー(横方向)]をクリックします。

21.[編集]ボックスの一覧の[最初のページのフッター]をクリックし、次に[レコードタイプ]ボックスの一覧の[空のフッター(横方向)]をクリックします。

22.[OK]をクリックして[レイアウト]タブページに戻ります。

23.[プレビュー]ボタンをクリックします。(平面図にはいくつかのオブジェクトが配置されている必要があります。そうでないと、プレビューには何も表示されません。) [完了]をクリックして、このウィンドウを閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/44_0003.png 

24.[内容]タブページを開き、[パラメータ]ボックス内の[1つずつ表示するレコード]の下の全てのチェックボックスをオフにします。

25.[パラメータ]ボックス内の[見出しの表示方法]の下の全てのチェックボックスをオフにします。

26.[合計/小計の計算]([総合計]を除く)の下にあるパラメータを全て選択し、[選択したパラメータのグループ化]ボタンをクリックします。次に示すように適切なアイコンを選択します。選択した5つのパラメータが、階層上、[合計のグループ01~05]という名前の新規グループのメンバになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/45_0001.png 

27.[フィールド]タブページを開きます。[パラメータとレコード]ボックスには、[合計のグループ01~05]という項目しかリストされません。

28.合計幅を260mm、合計高さを100mmに設定します。

29.行数を10に、列数を6に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/45_0002.png 

30.[画像]ボタンをクリックして[画像]ダイアログボックスを開き、リストから[特性オブジェクトの2D全体表示]を選択します。

31.幅に「100mm」、高さに「50mm」と入力します。また、最初のオフセット(水平)に「47.1mm」、2番目のオフセット(垂直)に「40mm」と入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/46_0001.png 

32.[OK]をクリックして、[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]ダイアログボックスの[フィールド]タブページに戻ります。

33.行1/列1を選択し、右側のボックスの一覧の最初のパラメータ([ユーザーID])をクリックし、このフィールドに表示する内容として、左側のボックスの一覧の[名前]をクリックします。この手順をリスト内の全てのパラメータに対して繰り返します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/46_0002.png 

34.2行目にはパラメータの実際の値を表示します。[編集するフィールド]ボックスを2行目に設定し、値の挿入を開始します。右側のボックスからはパラメータを選択し、左側のボックスでは[挿入]→[値]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/47_0002.png 

35.3行目には、インスタンスの数を表示します。[編集するフィールド]ボックスを3行目に設定し、最初のフィールドに「インスタンスの数」と入力します。3行目の2番目のフィールドの場合、右側のボックスからはパラメータを選択し、左側のボックスでは[挿入]→[インスタンスの数]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/36.png 

36.[プレビュー]をクリックしてプレビューを見ます。(平面図にはいくつかのオブジェクトが配置されている必要があります。そうでないと、プレビューには何も表示されません。) [完了]をクリックして、[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]に戻ります。

37.[デフォルトのテキスト形式]ダイアログボックスで文字の高さを4 mmに設定し、中央揃えを選択します。

38.各フィールドに対して、フィールドの下辺に枠が表示されるように設定します。[境界]をクリックし、[下部]チェックボックスをオンにします。

39.2行目のフィールドは、少しきれいに見えるように垂直方向に2mmオフセットしてもかまいません。3行目は垂直方向に5mmオフセットしてもかまいません。フィールドごとに個別にオフセットを入力します。

40.[完了]をクリックして完了です。

41.リストを表示するには、[要素リスト]→[My Object Inventory]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/48_0004.png