リストタイプ

ARCHICADでは、要素リスト、構成要素リスト、ゾーンリストという3つのタイプの計算レポートを生成できます。

注記: アドオンのコマンドでは、ほかのリストタイプも生成できます。

要素リスト

要素リストは、建具表と在庫を作成し、プロジェクトの組み立て要素のパラメータを表示するのに最適です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ElementList.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/windowschedule.png 

要素リストを生成するために、ARCHICADは選択されたリスト設定の構成に従って、プロジェクトまたは組み立て要素の選択セットをフィルタします。フィルタの設定に一致する要素がリストされ、リスト設定の定義によっては要素のパラメータ、構成要素、および記述項目も一緒に表示されます。

次の表は、さまざまな要素タイプ、その表面、および要素タイプごとの体積列の意味を示しています。

要素

表面

表面

表面

表面

表面

体積

基準1

その他1 

2 

 

 

合計体積

躯体

 

 

 

 

躯体

上面

下面

左側面3

右側面3

終端

合計体積

スラブ

上面

下面

 

 

合計体積

屋根

上面

下面

 

 

合計体積

メッシュ

上面

下面

 

 

合計体積

ゾーン

面積

 

 

 

 

合計体積

オブジェクト

合計

 

 

 

 

合計体積

ドア/窓

ライブラリ部品要素の表面

 

 

 

 

ライブラリ部品要素の合計体積

注記:

1   外壁側抱きのある開口部周りの表面と外壁側抱きの奥行きに沿った表面を含む。「基準」とは壁の基準線側、「反対」は壁の基準線側と逆の側面を意味しています。

2   全ての辺(上下左右)。開口部の辺は含みますが、外壁側抱きのある開口部のいくつかの特殊な辺は除きます。

3梁の向きによって定義される左側面と右側面。梁が垂直以外の角度で壁に接続されている場合には、左右が違う場合があります。

構成要素リスト

構成要素リストは、材質一覧、数量拾い、または価格表が要求されたときに生成されます。これらのレポートは、通常は構成要素タイプの特性を合計して表示しますが、特定の要素パラメータもリストさせることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/CompList.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ComponentListPlain.png 

ゾーンリスト

ゾーンリストは、通常は部屋の建具表の作成および建具票の完成に使用します。ゾーンリストには、ゾーンのパラメータと関連する組み立て要素を含めることができます。関連する組み立て要素がリストされたレポートは、実際には、要素の属しているゾーンによって計算範囲が限定された要素リストになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ComponentListPlain00001.png