[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]の使い方

[リストを設定]ダイアログボックスで[リスト形式]タブをクリックし、[グラフィックテンプレート]が選択されていることを確認します。左側のツリー構造でリスト設定を選択してから、[フォーマットウィザードの開始](Windows)または[フォーマットアシスタントの開始](Mac)をクリックします。

これにより、テンプレートの名称変更、削除、複製およびカスタマイズが可能な複合ダイアログボックスが開きます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/StartWizard.png 

注記: ウィザード/アシスタントは、外部のテンプレートファイルでは機能しません。プログラム自体、ARCHICADプロジェクト(.pln、.pla)ファイル、または環境設定ファイルに、バイナリ形式で格納されて組み込まれたレイアウトセクションでのみ機能します。

ウィザードを終了して[リストを設定]ダイアログボックスに戻ると、その前に作成したレイアウトの名前が[テンプレート]ボックスに表示され、[一覧表に含める]チェックボックスがオンになります。これは、このレイアウトへの参照はライブラリ内のリスト設定ファイルに格納されますが、レイアウト自体はプロジェクト(.pln、.pla)または環境設定ファイルに保存されることを意味します。このチェックボックスをオフにすると、レイアウトをライブラリ内の外部テンプレートテキストファイルに保存することができます。ただし、このようにすると、これ以降ウィザード内からこのレイアウトを利用できなくなります。

注記: [新規作成とリセット]は、全てのカスタムレイアウトを削除して、出荷時のデフォルトレイアウトだけを利用できるようにします。

テンプレート」を参照してください。