IFCローカル設定

IFCローカル設定([ファイル]→[相互運用性]→[IFC])で定義した設定は、IFCデータの作成および結合方法にも影響します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/IFCLocalPrefs.png 

IFCインターフェース言語

IFC の標準言語/コードは英語です。そのため、インターフェイスのデフォルトおよび推奨設定は英語です。ARCHICADのローカライズバージョンでは、一部の標準IFCキーワード(IFCエンティティ、プロパティ、属性名など)がローカル言語で表示されることがありますが、これはインターフェイスでユーザーがIFC用語を理解しやすくするためだけのもので、エクスポートには影響しません。

Express Data Manager(EDM)のパス

EDM(Express Data Manager)ツールキットは、インポートしたIFCモデルからARCHICADモデルを作成し、エクスポートしたARCHICADモデルからIFCファイルを作成するエンジンです。デフォルトのエンジンを推奨しますが、必要に応じて、ここで[再定義]オプションを使用してエンジンを変更できます。