IFCデータを要素レベルで管理

インポートしたIFCモデル要素から作成されたARCHICAD要素では、標準およびカスタムのIFCデータが、それぞれの設定ダイアログボックスに要素レベルで表示されます。

新規IFCデータは、事前定義ルールに基づいて、[IFCプロパティを管理]ダイアログで手動または自動で要素に追加できます。このダイアログは、要素設定の[分類とプロパティ]パネルから開くことができます。[IFCプロパティを管理]およびその全ての機能のインターフェイスは、[IFCプロジェクトマネージャー]ダイアログボックスの右側と同一のものです。

機能の詳細は、「IFCプロジェクトマネージャー」を参照してください。

新規のデータ(値を持つもの、あるいは値のないチェックを入れた項目のみ)がIFCプロパティの下に表示されます。ここでは、未入力の使用可能なデータフィールドに値を割り当てることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/AssignProperties_3.png 

IFCデータの操作:要素設定と IFCプロジェクトマネージャー

 

要素設定ダイアログ

IFCプロジェクトマネージャー

管理レベル

要素レベルのみ

プロジェクトレベル

IFCデータ所有者

建築物要素

ゾーン(IfcSpace)

建築物要素

空間要素

IfcProject

IfcSite

IfcBuilding

フロア(IfcBuildingStorey)

ゾーン(IfcSpace)

IFC割り当て

IFC製品タイプ

IFCコンテナ

機能

IFCデータの収集およびリスト表示を行います

IFCデータを作成、編集および削除できます

事前設定済みのルールが使えるようになります

マッピングプロパティをフィルタします

値を持つIFCデータのみフィルタリングします

IFCデータの収集およびリスト表示を行います

IFCデータを作成、編集および削除できます

事前設定済みのルールが使えるようになります

マッピングプロパティをフィルタします

値を持つIFCデータのみフィルタリングします

ARCHICADモデルとIFCモデル間を移動します

ゾーン(IfcSpace)を表示します。

要素はIfcSiteまたはIfcBuildingに直接割り当てられます