事前定義ルールを適用

このボタンをクリックすると、自動(.xmlベース)ルールに基づいて、選択した要素に新規IFCデータが割り当てられます。これには、構造の違いに基づいて、次の3タイプのルールが適用されます。

「ツリーリスト」ルール:ツリー構造データベースから要素を選択して新規データを作成します

「テーブル」ルール:テーブルから行を選択して新規データを作成します

「コマンド」ルール:ルールコマンドを開始して新規データを作成します

プログラムには出荷時設定の組み込みルールが含まれています(これはARCHICADのローカライズバージョンによって異なります)。例として、次の表にARCHICADの各言語バージョンに含まれるルールをまとめて示します。

ルール名

関連オブジェクト

ルール
タイプ

ファンクション

新規
IFCデータ

ルール
ファイル

OmniClass/テーブル11-機能別構造
エンティティ

IfcSite、IfcBuilding、IfcBuildingStorey

ツリー
リスト

OmniClass仕様に基づいて、機能分類をIFC建物や、IFCサイト、
ARCHICADフロアに割り当て
ます。

分類参照

OmniClass
.xml

OmniClass/テーブル13-機能別空間

IfcSpaceおよびIfcSpaceType

ツリー
リスト

OmniClass仕様に基づいて、機能分類をARCHICAD
ゾーンに割り当てます。

分類参照

OmniClass
.xml

OmniClass/テーブル21-要素

IfcElement、IfcBuilding
ElementType、IfcDistribution
ElementType、IfcElement
ComponentType、IfcFurnishing
ElementType、IfcTransport
ElementType、IfcDoorStyle、IfcWindowStyle、IfcGroup

ツリー
リスト

OmniClass仕様に基づいて、カテゴリ分類を建築物要素に割り当てます。

分類参照

OmniClass
.xml

OmniClass/テーブル23-製品

IfcElement、
IfcBuilding
ElementType、IfcDistribution
ElementType、IfcElement
ComponentType、IfcFurnishing
ElementType、IfcTransport
ElementType、IfcDoorStyle、IfcWindowStyle、
IfcGroup

ツリー
リスト

OmniClass仕様に基づいて、構造製品クラスを建築物要素に割り当てます。

分類参照

OmniClass
.xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/プロジェクト依頼人/所有者およびプロジェクト設計担当者

IfcProject

コマンド

現在のプロジェクト用にGSAで必要なアクターシステム項目を定義します。

アクター

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/空間タイプ(所有者)

IfcSpaceおよびIfcSpaceType

テーブル

GSAのSTAR空間タイプ仕様に基づいて、タイプ分類をARCHICAD
ゾーンに割り当てます。

分類参照

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/空間カテゴリ(所有者)

IfcSpaceおよびIfcSpaceType

テーブル

GSAのSTAR空間カテゴリ仕様に基づいて、カテゴリ分類を
ARCHICADゾーンに割り当てます。

分類参照

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/空間カテゴリ(BOMA)

IfcSpaceおよびIfcSpaceType

テーブル

米国規格協会(ANSI)およびBOMA(Building Owners Management Association)の要件に基づいて、カテゴリ分類をARCHICADゾーンに割り当てます。

分類参照

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/空間ゾーンタイプ(エネルギー
分析)

IfcZone

テーブル

ASHRAE 90.1「共通空間タイプ」に基づき、タイプ分類をIFCゾーンに割り当てます。

分類参照

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Concept Design BIM 2010(米国GSA)/スペース占有者分類およびプロパティ

IfcOccupant

テーブル

CDB-2010の「占有者プロパティ検索テーブル」に基づいて、
ARCHICADゾーンやフロア、IFC建物を占有する組織を分類します。

分類参照、カスタムIFCプロパティ

Coceptn Design BIM 2010(US GSA).xml

Uniclassテーブル…

IfcElement、IfcSpace、IfcZone、IfcElementTypeなど(選択したUniclass標準に応じて)

ツリー
リスト

Uniclassテーブルに基づいて、機能分類またはカテゴリ分類を、建築物要素または空間要素に割り当てます。

分類参照

Uniclass
.xml

事前定義ルールを適用:例1

IFCプロジェクトマネージャーのツリーで選択したIfcProjectエンティティの[Concept Design BIM 2010(US GSA)/プロジェクト依頼人/所有者およびプロジェクト設計担当者]ルール(IFCモデル階層の最上位レベル)を適用します。結果として、「プロジェクトの依頼人」/「所有者とプロジェクトの設計担当者」の関係性を持つアクター(IfcActor) が作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GSACommand.png 

事前定義ルールを適用:例2

[Concept Design BIM 2010(US GSA) /スペース占有者分類およびプロパティ]を使用して、スペース占有者分類を割り当てます。

1.新しいスペース占有者(割り当て)を作成し、それに属する要素にドラッグします(例:IfcSpaceエンティティ)。

IFCプロジェクトマネージャーの割り当て」を参照してください。

2.割り当てリストでスペース占有者の名前を選択し、[事前定義ルールを適用]をクリックします。ダイアログボックスから、[Concept Design BIM 2010(US GSA) /スペース占有者分類およびプロパティ]ルールを選択します。

3.テーブルから、目的の分類項目を選択します。

4.[適用]をクリックします。選択した分類項目に対応する値を使用して、スペース占有者の分類参照要素とプロパティが生成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GenerateClassif.png 

事前定義ルールを適用:例3

以下の手順に従って、[OmniClass/テーブル21-要素]ルールを使用して多数の屋根スラブ(IfcSlab)に分類を割り当てます。

1.モデル内で、分類するスラブ要素を選択します([検索と選択]を使用できます)。設定ダイアログボックスを開き、[分類とプロパティ]パネルで[IFCプロパティを管理]をクリックします。あるいは、IFCプロジェクトマネージャーのツリーから対応するIfcSlabエンティティを選択します。

2.[事前定義ルールを適用]をクリックします。ダイアログボックスから、[OmniClass / テーブル21-要素]ルールを選択します。

3.データベース検索フィールドに、テキスト「Roof」を入力します(テキストの一部を入力して、データベース(ツリーリストとテーブル)内のルールを検索できます)。

4.[検索結果]領域で、[Roof Decks, Slabs, and Sheathing]タイトルを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/FlatRoof.png 

5.[適用]をクリックします。分類参照が、ItemReference値[21-02 10 20 20]の「Roof Decks, Slabs, and Sheathing」という名前で、OmniClass標準に対応した追加データと共に生成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/NewClassifInSettings.png 

注記:

要素を選択すると、[ルールを選択]リストで適用可能なルールのみが有効になります(例えば、IfcProjectを選択すると、[Concept Design BIM 2010(US GSA) /プロジェクトの依頼人/所有者および設計担当者]ルールが有効になります)。適用できないルールは全てグレーになります。

IfcElementには、建築、設備(MEP)および家具要素が含まれます。

設定ダイアログを持たない要素に関係するルールは、設定ダイアログで有効になりません(IfcBuilding、IfcBuildingStorey、IfcOccupant、IfcProject、IfcGroupなど)。

独自のルールを.xml形式で作成および編集することができます。既存のルールファイルの構造(複数のルールが含まれる場合があります)をよく調べて、それを別の名前で複製してそれを基に新規ルールを作成することをお勧めします。

使用可能なルールは、以下のフォルダからアクセスできます。新規作成したルールもこれと同じ場所に保存する必要があります。

Windowsの場合:
\Users\user name\GRAPHISOFT\IFC Rules “ARCHICAD version”

Macの場合:
/Users/user name/Library/Application Support/GRAPHISOFT/IFC Rules “ARCHICAD version”