ARCHICADでサポートされるIFCファイルタイプ

ARCHICADは、以下のIFCデータファイル形式のエクスポートおよびインポートをサポートしています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/OpenIFCFileTypes.png 

.ifc:STEP物理ファイル構造を使用するデフォルトの形式。

.ifcXML:XMLドキュメント構造を使用するIFCデータファイル。パートナーのアプリケーションがオリジナルのifc形式を読み取ることができないが、xmlデータベース(予算、エネルギー計算など)は管理できる設計担当者向けに推奨される形式です。この形式では通常の.ifc形式と同じモデル情報が格納されますが、要素とそのプロパティが情報量の多い構造で保存されます。.ifcXMLファイルは、通常.ifcファイルよりも300~400%大きくなります。

.ifcZIP:ZIP圧縮アルゴリズムを使用するIFCデータファイル。これは.ifcまたは.ifcXMLの圧縮されたバージョンです。.ifcZIPファイルは通常、.ifcファイルを60~80%、.ifcXMLファイルを90~95%圧縮します。

注記:.ifcZIPは、例えばWindows圧縮フォルダ、WinZipなどと互換性があります。そのため、受信者が.ifcZIPを読み取ることができない場合は、ZIP解凍アプリケーションでファイルを.ifcまたは.ifcXML形式に解凍することができます。