IFCエクスポートのモデルフィルタ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ModelFilterExportPreset.png 

エクスポートする3D要素を選択

このフィルタはIFCにエクスポートするARCHICAD 3D要素を定義します。フィルタには、要素のIFCドメインや構造機能を使用できます。

構造機能

これは、下部の項目で設定したIFCドメインフィルタに追加するフィルタです。

このフィルタでは、ARCHICAD要素の「構造機能」カテゴリ(構造耐力要素または非構造耐力要素)が考慮されます。このフィルタは、要素設定の[分類とプロパティ]パネルの各要素に対して設定されます。

[構造耐力要素のみ]では、「構造耐力要素」(およびARCHICADゾーン)として分類された要素のみがARCHICADからIFCにエクスポートされます。

IFCドメイン

注記:要素のIFCドメインは、そのタイプマッピングプリセットに応じて異なります。

[全て]を選択すると、モデルの全ての要素が含まれます。

[構造]を選択すると、構造建築物要素のみが含まれます。

[MEP]を選択すると、設備要素(IfcDistributionElement)のみが含まれます。

下のツリーリストで各ドメインフィルタの正確な構成を確認します。このフィルタを修正すると、「カスタム」フィルタが作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ModelFilterExportDomain.png 

エクスポートする2D要素の選択

[通り芯設定と要素]:これをオンにすると、エクスポートするファイルに、通り芯および通り芯設定の部材が含まれます。

通り芯はIFC構造にIfcGridとして表示されます。

[線、テキスト、ラベル、塗りつぶし]:これをオンにすると、これらの2D要素と全ての寸法タイプがエクスポートされます。

2D要素はIFC構造にIfcAnnotationとして表示されます。IFC2x3標準には寸法要素がないため、寸法は線とテキストに分解されます。

注記:エクスポートするファイルに2D要素を含める場合は、[IFC保存オプション]の[エクスポートする要素]の影響も受けます。3D表示が有効な場合、2D要素を含めることができるのは、そのフィルタで「プロジェクト全体」オプションが選択されている場合のみです(「エクスポート時にモデルをフィルタ」を参照してください)。

[ドア/窓の2Dビュー]:このボックスをオンにすると、エクスポート処理に、3Dモデル形状に加えてドアと窓の2Dシンボルも含まれます。この機能は、データを受け取るプログラムがデータを識別できる場合に便利です。例えば、ドアの開口方向を正確に表示できます。