IFCエクスポートの形状変換

これらの設定では、IFCにエクスポートするARCHICAD要素の形状の変換方法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GeomConversionExportEntire00123.png 

「干渉検出に関係」する形状のみをエクスポート

「干渉検出に関係」オプションがオンであるARCHICADビルディングマテリアルを含む要素のみをエクスポートします(これは[オプション]→[属性設定]→[ビルディングマテリアル]→[プロパティ]で設定します)。

このオプションを使用して、隙間などのソリッド形状を持たない複合構造要素や断面形状をエクスポートします。このようにして、(ARCHICAD IFCファイルを受け取る)設備設計者は、干渉検出なしでパイプを隙間に配置することができ、実際の形状を持つ要素部品のみが干渉検出に関係します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ImprovedCollisionDetection.png 

干渉検出」も参照してください。

境界線をエクスポート

建築物要素の境界線の寸法をエクスポートします。

IFC製品タイプの形状をエクスポート

各製品タイプに代表的な形状を割り当てます(このオプションは「Concept Design BIM 2010」を使用する場合に必要です)。

各タイプ(IfcFurnishingElementTypeなど)には、タイプに属する要素の代表的な形状(IfcFurnishingElementなど)が使用されます。

全ての要素に対して現在のカラー設定でBREP形状を使用する

全てのモデル要素が、BREP(境界表現)形状を使用してエクスポートされます。BREPは高精度ですが、非パラメトリック形状です。

要素は現在のARCHICADビューで表示されているカラーでエクスポートされます。これには、表現の上書き、リノベーションステータス、およびマークアップスタイルによる修正または強調表示によって定義されたカラーも含まれます。

BREPの面を三角面化(IFC4スキームでのみ有効)

BREP形状は三角面化された面として保存されます。このオプションは、一部のモデル視覚化アプリケーションでIFCファイルをインポートする場合に適しています。このオプションが生成する形状記述はコンパクトなため、ファイルサイズを縮小できます。このオプションは、IFC4スキームを使用している場合のみ有効です。

複合構造と断面形状要素を部品に分解する

複合構造要素と断面形状要素を、いわゆる「建築要素部分」として保存します。これは、主要な要素(IfcWallなど)は形状を持たないコンテナ要素として保存され、その部分(層または断面形状構成要素)が形状を形成するということを意味します。

このエクスポートオプションでは、全ての建築部品が単色のカラーでエクスポートされるのではなく、全て元のカラーが保持されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/CompositeExportNoGap.png 

複層複雑形状(IFC 2×3スキームでのみ有効)

注記:上記の「複合構造と断面形状要素」ボックスをオンにする場合、このオプションは使用できません。

IFCにエクスポートする複層複雑要素の構成要素の処理方法を選択します。

このオプションは、複雑な形状表現(傾斜など)を持つ複数の仕上げ層(複合構造または断面形状)から成るARCHICAD要素に影響を与えます。

[建築要素部分]:それぞれ独自の形状と材質情報を持つ複数のサブ要素を作成します。各サブ要素は、ARCHICADでビルディングマテリアル(切断塗りつぶし)によって表現されるIFC材質や断面形状に割り当てられます。

[断面形状]:複雑な形状が、断面形状とIFC材質を使用して単一のIFC要素に変換されます(受け入れ側のアプリケーションでは、それぞれの構成要素/塗りつぶしの正確な順序は把握できません)。

注記:ビューの表示要素をエクスポートする場合、このオプションは、ARCHICADで現在有効な「躯体表示」([ドキュメント]メニュー)の影響を受けます。例えば、エクスポートするモデルが「躯体のみ」表示を使用する場合、1つの躯体を持つ傾斜のある複合構造に対しては、壁の可視部分が単一の躯体で構成されるため、「断面形状」オプションは無効になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/MultiSkinComplex.png 

ソリッド要素編集中の要素

[押出/回転]:この方法では、要素のパラメータ値(基準線または辺の厚さ、高さ、位置など)を保持できます。複合材質の仕上げ構造は、IFC標準の制限により、完全には保持できません。一部の特殊な断面は保持されません。

この形式は通常、静的分析プログラムでサポートされます。これは、静的分析プログラムでは要素のパラメータは重要ですが、特殊な切断角度(スラブの傾斜エッジなど)は重要でないためです。

[BREP]:この方法では、要素の形状をその特殊な断面/接続と一緒に最も正確に再現できます。ただし、要素のパラメータは失われ、BREP(境界表現)要素は編集不可能な要素に変換されます。この方法は、「参照モデル」ワークフローで役立ちます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/SolidElementIFC.png 

接合部を含む要素

[接合部を含まない押出/回転]:要素のエクスポート時に、優先度に基づいた交差部が生成されないため、エクスポートの処理速度が向上します。構造分析プログラム用や、要素の基準線/表面情報が十分な場合、詳細な交差部が必要でない場合には、このオプションをお勧めします。

[BREP]:要素が接合部と一緒にエクスポートされるため、形状が正確に再現されます。

2つのエクスポート方法の違いを下図に示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/Slide18.png 

傾斜エッジを含むスラブ

[押出]:スラブは、元の形状に傾斜辺が含まれる場合でも、垂直辺でエクスポートされます。

[BREP]:スラブは正確な形状でエクスポートされ、スラブの傾斜辺も再現されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/Slide20.png 

Coordination View 1.0のレガシー図形作成法を使用:

ユーザー独自のカスタムMVD(Coordination View 1.0の図形作成法に準拠)を作成した場合、このオプションを使用します。

IFCサイト形状

IFCにエクスポートするARCHICADのサイト形状の表現方法を選択します。

IFCタイプに「IfcSite」を使用してARCHICAD要素を分類した場合、その要素はサイト形状と見なされます(IFCエクスポートのタイプマッピング」を参照してください)。

注記:分類ではなく、要素タイプでマップする場合は、サブタイプ「IFCサイト」を持つオブジェクトとして要素を保存してください。

受信側のアプリケーションで読み込み可能な要素に応じて、以下のいずれかのサイト形状方法を選択します。

ソリッド形状:表面と境界表面で囲まれたソリッドボディとしての形状表現。全ての面が平面で、全ての辺が直線です。

上面のみ:表面(上面)のみの形状表現。

ワイヤフレームとしての上面:輪郭と点による形状表現。

注記:ARCHICADでは、これらの3種類のIFCサイト形状表現を全てインポートできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/Slide17.png 

構造開口部および構造穴を個別の要素としてエクスポート

このパラメータでは、「開口部」は、ホスト要素のドア、窓、および天窓に含まれる空洞、および構造要素(梁、スラブ、屋根など)の穴を表します。

注記:ソリッド編集で作成された穴は考慮されません。

IFCでは、これらのエクスポートされた開口部は、以前と同様にそのホスト要素(壁など)やドア/窓/天窓に関連付けられます。

エクスポートパラメータを指定するオプションを選択します。

[常に]:穴と空洞は、そのホスト要素(壁など)のエクスポート方法に関係なく、常に個別の要素としてエクスポートされます。

例:このオプションでは、窓を含む壁はIFCにエクスポートされます。生成されるIFCファイルには、壁、窓、窓の開口部(空洞)の3つのエクスポートされた要素が含まれます。これらの相互関係はそのまま保持されます。エクスポートされた開口部/空洞は可視のモデル要素ではありませんが、IFCファイル階層にリストされます。

[押出/回転要素の場合のみ]:押出/回転としてエクスポートした要素の開口部のみが個別の要素としてエクスポートされます。BREP方式を使用してエクスポートした要素は、要素に穴を含めてエクスポートされます。この場合、その開口部はエクスポートされたファイルに個別の要素として追加されません。

例:このオプションでは、窓を含む壁はIFCにエクスポートされます。壁は(他の形状変換オプションに基づいて)BREP方式を使用して変換されています。このため、「個別の要素としての開口部」は適用されません。生成されるIFCファイルには、壁と窓の2つのエクスポートされた要素が含まれ、これらは相互に無関係になります。

IFCサイト位置:

ARCHICADで測点が定義されている場合、IFCサイトエンティティの位置(座標系)を定義します(後述の「ARCHICADでの測点の使用」も参照)。

[ARCHICADプロジェクト原点]:ARCHICADプロジェクト原点付近で作業しており、国の測地系を基準として(測点を使用して)モデル座標を定義する場合に、IFCサイトエンティティをプロジェクト原点に配置します。この場合、極端なオフセットは、要素の座標の一部としてではなくほとんどがIFCファイルに保存されます。次の図を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/SL_SO.png 

[ARCHICAD測点の位置]:IFCサイトエンティティを測点の位置に配置します。これを使用するのは、プロジェクト原点の遠くで作業していますが、大規模なオフセットがIFCファイルに存在しないようにする(通常、旧式のモデル)場合です。次の図を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/SL_SP.png 

注記:

ARCHICADプロジェクトに測点が含まれない場合、IFCモデルのグローバル座標系の原点およびIFCサイトの位置はARCHICADプロジェクトの原点になります。

ARCHICADプロジェクトに複数の測点が含まれる(1つだけ使用することをお勧めします)場合、最初に配置された測点が使用されます(これに関する警告が表示されます)。

エクスポートビューに表示されない場合でも(非表示レイヤー上にある場合でも)、測点が考慮されます。

ARCHICADでの測点の使用

ARCHICADの測点オブジェクトを共通の基準点として使用すると、他のプログラムからのモデルの調整作業を簡素化できます。一部の国では、標準要件として、プロジェクトを定義するときに特定の基準点を使用する必要があります。

測点の位置と角度で、IFCモデルのグローバル座標系(X=0、Y=0、Z=0)を定義します。ARCHICADで、この点の位置を定義する場合、真北方向を考慮することをお勧めします(デフォルトの[プロジェクト北に追従]を使用します)。IFCエクスポートでは、このパラメータでグローバル座標系のY軸の方向を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/SurveyPointObject.png 

注記:

ARCHICADでは、真北は[プロジェクトの北]([オプション]→[プロジェクト設定]→[プロジェクトの場所])で定義します。

測点はIFCを開くときに必ず作成されます。IFC結合の場合、モデルがインポートされ、ホストファイルの測点に整列されます。

ARCHICADの測点の詳細については、ヘルプセンターの記事を参照してください
http://helpcenter.graphisoft.com/tips/open-bim/survey-point-is-now-supported-at-ifc-importexport/)。

ARCHICADおよびRevitからのIFC場所データのマッピング

IFC

ARCHICAD 20以降

Revit

IFCグローバル原点

測点

測点

IfcSiteエンティティの位置

プロジェクト原点

プロジェクト基点

IFCにエクスポートされるARCHICADの階層要素

IFCにエクスポートするカーテンウォール、階段、手摺りの処理方法を定義します。

[単一要素に変換]:階層要素は単一のIFCエンティティとしてエクスポートされ、そのエンティティに全てのサブ要素の形状が含まれます。したがって、元の要素の階層特性(例:階段の場合、その全てのサブ構成要素が分離しています)は失われます。

[階層を保持]:元の要素の階層構造(サブ要素を含む)を保持します。

ARCHICADの階層要素をIFCコンテナとしてエクスポート」も参照してください。