IFCエクスポートのタイプマッピング

このプリセットダイアログの[エクスポート用IFCタイプをマッピング]をクリックして、マッピング定義にアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/TypeMappingButtonExport.png 

モデルをIFC形式でエクスポートすると、その全ての要素にIFCタイプが割り当てられます。

定義の詳細については、「IFCタイプ」を参照してください。

このダイアログでは、エクスポートする各ARCHICAD要素にIFCタイプを割り当てる方法を定義します。要素タイプと分類の2つの方法を使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/MapIFCTypesExport.png 

注記:プレビュー変換設定のタイプマッピングプリセットの追加機能を使用して、現在のARCHICADプロジェクトの要素のデフォルトのIFCタイプ分類を定義できます。

プレビュー変換設定」も参照してください。

要素タイプでマッピング

各ARCHICAD要素タイプを、そのARCHICADツールまたはそのオブジェクトサブタイプ(GDLオブジェクトの場合)に対応するデフォルトの基本IFCタイプに自動的に割り当てます。

この方法を選択する場合、手動のマッピング操作は不要です。ダイアログのその他のコントロールは無効になります。

詳細は、「ARCHICADの組み込みIFC要素タイプマッピング」を参照してください。

分類でマッピング

各ARCHICAD分類をIFCタイプ、製品タイプ、または定義済みタイプにマップします。この方法を使用すると、柔軟で詳細なIFCタイプ分類が可能なため、特定のIFC標準に適合させることができます。

ARCHICADプロジェクトで定義されている分類システムを選択すると、その分類構造が左側にツリー表示されます。

これで、選択したシステムの分類が左側に一覧表示されます。いずれか1つの項目を選択して、それをIFCタイプ(右側)にマップし、エクスポート時に分類されたARCHICAD要素に割り当てます。

マッピングステータス:親データによる

選択した分類をその親分類と同じIFCタイプにマップします。このような分類では、自動的に親と同じIFCタイプにマップされるため、IFCタイプを定義する必要はありません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/TypeMappingExport.png 

マッピングステータス:カスタム

ユーザーが選択したIFCタイプに分類をマップします。この方法では、エクスポートする要素にIFCタイプを柔軟に割り当てることができます。

選択したIFCタイプまたはIFC製品タイプに定義済みタイプが設定されている場合、このタイプもマップできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/FlowElement.png 

マッピングをリセット

このボタンをクリックすると、ダイアログを開いてから実行したマッピング定義を元に戻すことができます。