IFCインポートのモデルフィルタ

インポートのモデルフィルタを表示

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ShowModelFilterCheckbox.png 

このオプションをオンにすると、[開く]または[IFC結合]コマンドの実行後に、[モデルフィルタ]ウィンドウが開きます。

ここでは、現在のインポート処理でインポートされる要素の設定を上書きすることができます。

インポート時にモデルをフィルタ(セカンダリフィルタ)」を参照してください。

インポートする3D要素を選択

構造機能

これはインポート用の追加フィルタ(要素レベル)として使用します。これによりインポート時に要素の「LoadBearing」IFCプロパティが考慮されます。

[構造耐力要素のみ]では、IFCプロパティ「LoadBearing要素」が値「True」を持つ要素のみがIFCファイルからARCHICADにインポートされます。

注記:

構造機能分類がARCHICADプロジェクトに存在しない場合、または分類処理がARCHICADで完了していない場合は、[全要素]を選択してください。他の2つの設定(「構造耐力要素のみ」と「非構造耐力要素のみ」)を選択すると、空のIFCファイルまたは必要な要素が欠落したIFCファイルが生成される可能性があります。

IfcPileおよびIfcFootingエンティティは、IFC2x3スキームの「LoadBearing」プロパティを備えませんが、定義上は構造耐力要素です。インポート時には、これらは常に構造耐力要素として処理されます。

IFCドメイン

IFCドメインを使用して、IFCインポートの以下の条件に基づいてフィルタします。

[全て]を選択すると、モデルの全ての要素が含まれます。

[構造]を選択すると、構造建築物要素(IfcBuildingElement)のみが含まれます。

[MEP]を選択すると、設備要素(IfcDistributionElement)のみが含まれます

下のツリーリストで各ドメインフィルタの正確な構成を確認します。このフィルタを修正すると、「カスタム」フィルタが作成されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ModelFilterImport.png 

インポートする2D要素の選択

[IFCグリッド]:インポート時に、IFCファイルの全てのIfcGrid要素がインポートされ、グループ化されたARCHICADの通り芯に変換されます。

[IFC注釈]:これをオンにすると、IFCファイルの全てのIfcAnnotationタイプ要素(分解寸法要素を含む)がARCHICADにインポートされます。これらの要素は、2D要素(テキストと線)に変換されます。

[IFCドア/窓フットプリント]:インポート時に生成された全てのドアと窓が、インポートされた2Dシンボルに基づいて、正しい開口方向とサイズで平面図ビューに表示されます。