IFCインポートの形状変換

このダイアログボックスを使用して、ARCHICADにインポートするIFC要素の形状の変換方法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GeomConversionImport.png 

建築物要素

変換先:

組み立て要素、もしくはオブジェクト

組み立て要素、もしくはモルフ

これらのいずれかのオプションを選択すると、サブタイプがIfcBuilding(IfcWall、IfcColumn、IfcBeamなど)であるIFC要素は、編集可能なARCHICAD要素(「組み立て要素」:壁、柱、梁など)としてインポートされます。

インポートした要素をACツールベースの組み立て要素に変換する利点は、パラメトリックな状態を保持し、ARCHICADの各機能(自動交差など)を適用できることです。

「組み立て要素」オプションを選択した場合でも、一部の要素(非押出(BREP形状)要素や、ARCHICADに対応する項目がない要素など)は、この形式ではインポートできません。

このような要素は、編集可能なモルフまたはオブジェクトに変換できます(「~もしくはモルフ」/「~もしくはオブジェクト」)。

モルフ

オブジェクト

要素をモルフまたはオブジェクトに変換するときに、形状が完全にインポートされます。

生成されたモルフは編集可能です。

生成されたオブジェクトはライブラリ部品になり、そのサブタイプはIFCエンティティタイプに対応します。例えば、ARCHICADオブジェクトに変換されたIfcColumnのサブタイプは「柱」になります。

分配要素(設備)

このオプションは、ドメインがMEP(IfcDistributionElement)である要素をインポートする場合に適用されます。

これらの要素は次の3つの結果のいずれかに変換できます。

モルフ

オブジェクト

要素をモルフまたはオブジェクトに変換するときに、形状が完全にインポートされます。

生成されたモルフは編集可能です。

生成されたオブジェクトはライブラリ部品になり、そのサブタイプはIFCエンティティタイプに対応します。例えば、ARCHICADオブジェクトに変換されたIfcColumnのサブタイプは「柱」になります。

MEP要素:GRAPHISOFT MEP Modelerアドオンをインストールしている場合、このオプションを選択すると、パラメトリックMEP要素が生成されます。ただし、このオプションを選択した場合でも、MEP IFCモデルにパラメータを生成するための十分なデータが含まれていないことがあります。この場合、非パラメトリックMEP機器要素が生成されるか、またはデータに制約がある場合はオブジェクトが生成されます。

その他の要素

このオプションでは、建築物要素/分配要素以外の要素(家具や移送要素など)の変換方法を指定します。

モルフ

オブジェクト

要素をモルフまたはオブジェクトに変換するときに、形状が完全にインポートされます。

生成されたモルフは編集可能です。

生成されたオブジェクトはライブラリ部品になり、そのサブタイプはIFCエンティティタイプに対応します。例えば、ARCHICADオブジェクトに変換されたIfcColumnのサブタイプは「柱」になります。

IFCサイト形状

インポートするIfcSiteの形状を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。

要素を編集可能なモルフまたはオブジェクトに変換するかどうかを指定します(IfcSite形状は、ARCHICADメッシュには変換できません)。

インポートされたIFCモデルの配置方法を定義

[ARCHICADプロジェクト原点を次と一致]で、以下のいずれかを選択します。

IFCサイトの位置(推奨)

IFCグローバル原点

名称未設定IFCプロファイルをインポート

名称未設定のIFCプロファイルをARCHICADにインポートする場合の処理方法を選択します。

カスタム断面形状(このオプションではARCHICADプロジェクトに新しい属性は作成されません)

断面形状属性(新規断面形状属性がARCHICADプロジェクトに追加されます)

形状変換に関する注記

共有する形状の管理を最適化するために、ARCHICADでは、可能なかぎり、少数の形状要素(モルフ生成時)または少数のライブラリ部品(オブジェクト生成時)が作成されます。

オブジェクトは、プロジェクトの埋め込みライブラリに配置するか、あるいは、所定のリンクライブラリに保存できます(IFCローカル設定」を参照)。

一部のIFCモデルには、モルフ変換オプションを選択した場合でもモルフに変換できない特殊形状を持つ要素が含まれる場合があります。この場合、完全な形状インポートを実行するためにオブジェクトが生成されます。

インポートされたIfcSpace要素は、常にARCHICADゾーンとして生成され、常にインポートされた要素の元の形状を保持します。