ARCHICADでのプロパティ値の割り当て(IFCプロパティマッピングに基づく)

プロパティマッピングプリセットの設定については、「IFCインポート用プロパティマッピング」を参照してください。

インポートした各要素に対して、ARCHICADは適用可能なマッピングルールの実行を試みます。

ARCHICADプロパティを要素に使用できる場合(分類に基づく)、マッピングルールを適用できます。

マップされたIFCプロパティの値が、要素の対応するARCHICADプロパティに割り当てられます(これはカスタム値です)。

例:適用されるマッピングルール

現在のIFC変換設定のインポートプリセットに対して、プロパティマッピングでマッピングルールを設定しました。このルールに従って、Example_Aという名前のIFCプロパティがProduct Info Aという名前のARCHICADプロパティにマップされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ProductInfoA.png 

「Example_A」という名前のIFCデータを持つ柱が、IFCファイルからインポートされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ColumnValueA.png 

ソースIFCファイル内の要素のデータ(モデルビューアを参照)

マッピングルールが正常に適用されます。インポート時に生成された柱要素はProduct Info Aという名前のプロパティをもち、これにカスタム値が割り当てられます(ARCHICAD要素設定では、プロパティ値はリンクされていないアイコンで表示されます。これはデフォルト値にリンクされておらず、プロパティマネージャーで設定されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ValueColumnACustom.png 

IFCから要素をインポート後の、カスタム値を含むターゲットARCHICADプロパティ

例:存在しないIFCデータ

マッピングルールが、受け取った要素に存在しないIFCプロパティを参照している場合、要素のARCHICADプロパティ値は未定義になります。

2つのマッピングルールが表示されています。そのうちの1つは、インポートされた要素に存在しないIFCデータ(Example_C)を参照しています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/CustomCustomUndefined.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/NoExampleC.png 

ソースIFCファイル内の要素のデータ(モデルビューアを参照)

結果として、このマッピングルールは<未定義>のカスタム値をターゲットARCHICADプロパティに割り当てます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/CustomUndefined.png 

IFCから要素をインポート後の、カスタム<未定義>値を含むターゲットARCHICADプロパティ

互換性のないデータタイプ

マップされたIFC要素が値を持つが、その値を対応するARCHICADプロパティで解釈できない場合(互換性のないデータタイプなど)、カスタムのプロパティ値は割り当てられません。その要素はARCHICADプロパティのデフォルト値を使用します。

データタイプに関する注記:

IFCとARCHICADは、異なるデータタイプ定義を使用します。IFCおよびARCHICADでのプロパティのデータタイプ」を参照してください。IFCプロパティをARCHICADプロパティにマップする場合、それらのデータタイプは必ずしも一致する必要はありません。ARCHICADはデータの変換を試みます。

データ変換ができない場合、どの要素のIFCデータを変換できなかったかについて、セッションレポートに詳細が表示されます。

2つのマッピングルールが表示されています。このうちの1つは、IFCデータ「Example_A」(文字列タイプIfcLabel)を文字列タイプ値のARCHICADプロパティ「熱貫流率」にマップします。マッピングルールが正常に適用され、インポート時に生成された要素には、熱貫流率のARCHICADプロパティに対する文字列タイプのカスタム値が表示されます。

2番目のマッピングルールは、IFCデータ「Example_A」をARCHICADプロパティ「可燃性」にマップします。これはTrue/Falseタイプの値です。データタイプが一致しないため、マッピングルールに警告アイコンが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/DataTypeConflictRules.png 

互換性のないデータタイプを参照する「可燃性」プロパティに対するマッピングルール

ターゲットARCHICADプロパティはカスタム値を取得せず、デフォルト値にリンクされたままになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/CombustibleUnchanged.png 

互換性のないデータタイプを含むプロパティマッピング:ARCHICADプロパティ値の変更なし

要素の指定されたプロパティにマッピングルールが適用されない場合、カスタムのプロパティ値は割り当てられません。その要素はARCHICADプロパティのデフォルト値を使用します。

マッピングルールの競合

マッピングテーブルでは、複数のIFCプロパティが1つの同じARCHICADプロパティにマップされている場合があります。この場合、ARCHICADは最も具体的なルールを使用します(マッピングテーブルにルールが表示される順番は関係ありません)。

2つ以上のマッピングルールが同等に具体的である場合、ルールは無視され、マッピングは行われません。

IFCデータプロパティがより狭く定義されているほど、ルールはより具体的になります(例えば、IFC PropertySetデータに「Any(任意)」が設定されているよりも、IFC PropertySetが定義されている方がより具体的になります)。マッピングルール内では、右に向かって順にフィールドごとに定義がさらに絞り込まれます。

ここでは、2つのIFCデータ(Example_AとExample_C)が同じARCHICADプロパティにマップされています。この場合、より具体的なルールが自動的に適用されます。Example_Cは、IFC PropertySetのレベルで絞り込まれているため、より具体的になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/Help_PropMap_4.png 

次の例:

複数の厚さ関連のIFCプロパティが、ARCHICADの1つの厚さプロパティにマップされています。インポートしたIFC要素に複数の厚さプロパティが含まれている場合、ARCHICADではARCHICADで使用するプロパティ値を決定する方法がありません。そのため、このインポートした要素に対してルールは無視され、そのARCHICADプロパティ値はデフォルト値のままになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/EqualSpecific.png