マッピングテーブルの使用

各行が1つのマッピングルールを表します。列ヘッダーをクリックして行をソートできます。

任意のルールをクリックし、リスト項目のコントロールを使用して、データタイプを設定したりカスタムテキストを入力したりします。

各ルールで、4つのデータ列(プロパティ、プロパティセット、値タイプ、プロパティタイプ)を使用して、考慮するIFCデータセットを絞り込むことができます(これらは全てIFC標準定義です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/PropMapAssign.png 

テーブルに既存ファイルのIFCプロパティを入力するには、[IFCから結合]をクリックしてIFCファイルを参照します。ファイルのIFCプロパティとそのデータが、マッピングルールとしてリストに追加されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/MergeFromIFC.png 

[新規]、[複製]および[削除]ボタンを使用して、マッピングルールを作成および削除します。

詳細および例については、「ARCHICADでのプロパティ値の割り当て(IFCプロパティマッピングに基づく)」を参照してください。

IFCデータをARCHICADカテゴリにインポート

以下のARCHICADカテゴリは、常にインポートした要素の対応するデータを使用します(これらはARCHICADプロパティではなくカテゴリです)。このデータは、IFC変換設定を参照せずに自動的に入力されます。

リノベーションステータス

構造機能

位置

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ImportedIFCtoACCategories.png 

ただし、マッピングテーブルでこれらのIFC値を任意のARCHICADプロパティに手動でマップすることも可能です。

未定義リノベーションステータスの置換

IFCでリノベーションステータスが割り当てられていない要素をインポートした場合の、ARCHICADでのリノベーションステータス(新規、既存、解体)を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ReplaceRenoStatus.png 

注記:

ほぼ全てのモデル交換フローに、リノベーションステータスの自動マップ処理がありません。これは、IFC2x3標準にリノベーションステータス用の標準形式が用意されておらず、各種アプリケーションでは、このデータが単にカスタムIFCプロパティとしてエクスポートされるためです。

Revitによるモデル交換では、Revit側でIFCのエクスポート/インポートにGRAPHISOFT ARCHICAD Connectionアドインを使用する場合に限り、ARCHICADの「リノベーションステータス」項目はRevitの「フェーズ」項目にマップされます。