インポート用変換設定(詳細設定)

インポート用IFC変換設定では、IFCベースのファイルをARCHICADにインポートするときのモデル要素の処理に関するルールを定義します。

詳細については、「IFCインポートの概要:IFCデータのARCHICADへの変換方法を定義」を参照してください。

[IFC変換設定]ダイアログボックス([ファイル]→[相互運用性]→[IFC]→[IFC変換設定])を使用して、変換設定の表示や修正、または新規変換設定の作成を行うことができます。

リストからインポート用変換設定を選択します。

選択した変換設定は、6つの変換プリセットに分類されており、それらが右側に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ImportTranslators.png 

変換プリセットの操作

変換プリセットの各カテゴリのドロップダウンリストをクリックすると、別のプリセットを表示して選択できます。プリセット名から、インポート用IFC変換設定でこのプリセットを使用した場合に、インポートするIFCモデルに与える影響を判断できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ChoosePreset.png 

必要に応じて、このリストから別のプリセットを選択します。

プリセットの設定調整や新規作成を行うには、[新規プリセットを編集/作成]を選択するか、またはプリセットの右側にある[…]ボタンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/EditCreateNewPreset.png 

プリセットのダイアログが開きます(例:「IFCインポートの形状変換」)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GeomPresetExample.png 

IFCインポートプリセットの各ダイアログには、以下の設定が表示されます。

[使用可能なプリセット]:この変換処理に使用できるプリセットです(例:形状変換)。

[設定]:上部で現在選択しているプリセットについて、各種データタイプに関するインポートの詳細な設定を行います。

[関連する変換設定]:現在定義されているインポート用IFC変換設定の中で、このプリセットを使用する変換設定が全て表示されます。

(インポート用IFC変換設定で使用される)各種変換プリセットの全ての設定については、以降のセクションで詳しく説明します。

IFCインポートのモデルフィルタ

IFCインポートのタイプマッピング

IFCインポート用プロパティマッピング

IFCインポートの形状変換

IFCインポートのレイヤー変換

材質と表面の変換

未定義リノベーションステータスの置換