チームワークプロジェクト(バージョン 13~21)のARCHICAD 22への移行

チームワークプロジェクトをARCHICAD 13~21のいずれかからARCHICAD 22へ移行する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

1.ARCHICAD 13~21とARCHICAD 22の両方がクライアントマシンにインストールされている。

2.BIMcloud/BIM Serverバージョン13~21およびBIMcloudバージョン22(1台のマシンまたはそれぞれ異なるマシン)にアクセス可能。

重要:チームワークプロジェクトからホットリンクモジュールまたは図面のリンクを作成する場合、そのソースチームワークプロジェクトとホストプロジェクトのバージョン番号を同じにする必要があります。つまり、ARCHICAD 13~21からARCHICAD 22にプロジェクト(単独またはチームワーク)を移行する場合は、このプロジェクトに対して(ホットリンクモジュールまたは図面を介して)リンクされているチームワークファイルも移行する必要があります。

この移行処理には以下の2つのフェーズがあります。

移行用のプロジェクトを準備(ARCHICAD 13~21で行います)

準備したプロジェクトを移行(ARCHICAD 22で行います)

移行用のプロジェクトを準備

1.ARCHICAD 13~21を起動します。

2.ARCHICAD 13~21チームワークプロジェクトを開きます。

3.他の全てのユーザーがプロジェクトの変更内容を送信し、プロジェクトを退出していることを確認します (これが完了していない場合、未送信の変更内容が失われます)。

4.[移行の準備]コマンドを実行します([チームワーク]→[プロジェクト]→[プロジェクトを移行]→[移行の準備])。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/PrepforMigration.png 

5.[プロジェクトを移行]ダイアログボックスが表示されます。[移行準備]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/MigrateProject1.png 

6.移行用のプロジェクトが作成されます。

7.ここでは2つの選択肢があります。

これ以上プロジェクトを準備しない場合、次のダイアログボックスから[移行準備を終了する]を選択し、[閉じる]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/MigrateProject3.png 

別のプロジェクトを移行する場合は、[他のプロジェクトを開き、移行準備をする]を選択します。

これは、複数のチームワークプロジェクトを移行する場合に推奨される操作です。この方法では、ARCHICAD 22に変更する前にARCHICAD 13~21でチームワークプロジェクトを準備し、そこで移行を完了します。

8.必要な全てのプロジェクトの準備が完了したら次のフェーズに進みます。

準備したプロジェクトを移行

1.ARCHICAD 22を起動します。

2.[チームワーク]→[プロジェクト]→[プロジェクトを移行]→[準備プロジェクトを移行]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/MigratePrepared.png 

3.ダイアログボックスに準備した全てのプロジェクトが表示されます。移行するプロジェクトを選択します。

プロジェクトがグレーで表示されている場合、そのプロジェクトの移行を完了できません。理由は、サーバーがオフラインであるためなどです。

プロジェクトを準備していない場合、準備操作を促すプロンプトが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/CompleteMigration.png 

オプションで、ARCHICADライブラリを移行]ボックスも選択できます。これをオンにすると、プロジェクトで現在使用されているARCHICADライブラリが、ARCHICADライブラリ22と必要な移行ライブラリに置き換えられます (これらのライブラリがまだ存在しない場合、BIMcloudにアップロードされます)。このボックスをオンにしない場合、移行するプロジェクトには、そこで現在使用されているARCHICADライブラリがそのまま使用されます。

4.[次へ]をクリックします。

5.表示されたダイアログボックスで、プロジェクトの保存先サーバーを選択します。

注記:BIMcloudにアップロードする場合は、移行するプロジェクトのホストサーバーを定義するための追加のオプションがあります。

このサーバーにログオンしており、プロジェクトをBIMcloudに追加するために必要なアクセス権を所有している必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/010-migrationguide/MigrateProject_ChooseServer.png 

サーバー接続に問題がある場合は、問題に関するフィードバックを確認できます。[ネットワーク診断]をクリックすると、問題の解決に役立つ詳細が記載されたダイアログボックスが開きます (「ネットワーク診断情報」を参照)。

6.プロジェクトの内容が、選択したBIMcloudにアップロードされます。このプロジェクトのユーザーとその役割は変更されません。

注記: プロジェクトログ、コメント、メッセージ、および確保は、プロジェクトの移行時に削除されます。

7.これで元のプロジェクトの移行が完了するため、このプロジェクトを古いBIM Serverから手動で削除できます。

8.ここでは、操作を続行する方法として、以下の3つのいずれかを選択できます。

他のプロジェクトを移行

移行したプロジェクトに参加

移行プロセスを終了

9.移行したプロジェクトに、ARCHICAD 13~21チームワークプロジェクトからリンクされているホットリンクモジュールまたは図面が含まれる場合、上記手順に従い、その各チームワークプロジェクトもARCHICAD 13~21からARCHICAD 22に移行する必要があります。

これらのホットリンク/図面のソースプロジェクトが、移行したホストプロジェクトと同じサーバー上にあった場合、ソースプロジェクトを移行すると、ホストプロジェクトは自動的にソースプロジェクトを配置し、リンクを作成します。

これらのホットリンク/図面のソースプロジェクトが、移行したホストプロジェクトと異なるサーバー上にあった場合、ソースプロジェクトを全て移行した後に、ホットリンクモジュールと図面のリンクを手動で作成し直す必要があります。