平面図の壁の優先度に応じた選択の強調表示

ARCHICAD 22では、平面図上の壁の3D形状の交差が変更されました。切断された部分は、真の3D投影であるかのように表示されます。また、導出した数量算出と連携するようになりました。

その結果、3Dドキュメント上と同じ選択表示が平面図の交差部に表示されます。さらに、ユーザーが交差部に関連する壁や柱を非表示にすると、平面図ビューの要素は3Dドキュメント内と同じ輪郭になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/PBCSelectionHighlight.png