ペットパレット

ペットパレットは、(コマンドと関連オプションを表す)アイコンの集合です。

(ポリラインの入力時など)入力中にペットパレットが表示される場合もありますが、多くの場合、配置した要素を編集するために要素を選択したときに表示されます。

ペットパレットにアクセスするには、編集可能な辺、節点、または表面でクリックします。

ペットパレットの内容は、次の項目に応じて異なります。

選択した要素

操作の対象として選択された要素の部分(辺、節点、または表面)

有効になっているウィンドウ

カーソルをアイコンの真上に移動してアイコンのツールチップを確認し、必要な機能のアイコンをクリックします。現在のペットパレットの次/前のアイコンに移動するには、ショートカット「F」およびShift+F(Opt+F)を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/PetPalette1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/PetPalrightclick.png

ペットパレットの内容はカスタマイズできません。

編集操作を完了しない限り、編集中でも別の機能を選択することができます。

操作が終了すると、ペットパレットは自動的に閉じます。

ペットパレットの移動

指定されたペットパレットの移動オプションに従って、ペットパレットは作業中カーソルに追従(リードに繋がれたペットのように)したり、指定した場所で待機(「待て」と命令されたペットのように)したりします。

これらの環境設定を[オプション]→[作業環境]→[ダイアログボックスとパレット]で設定します。

ダイアログボックスとパレット」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/PetPaletteControls.png