一般リストパラメータ

パラメータ

概要

詳細

3D長さ

組み立て要素の長さ(基準線からの投影線として)

 

3D背面ビュー

GDL要素のシェーディング3Dシンボル(オブジェクト、ランプ、天窓、CWパネル、CWフレーム)

CW構成要素の場合:背面 = カーテンウォールの内側

3D前面ビュー

GDL要素のシェーディング3Dシンボル(オブジェクト、ランプ、天窓、CWパネル、CWフレーム)

CW構成要素の場合:前面 = カーテンウォールの外側

3D左側面ビュー

オブジェクト/ランプまたはCW接合部/付属品のシェーディング3Dシンボル

要素の左側面の断面図

3D右側面ビュー

オブジェクト/ランプまたはCW接合部/付属品のシェーディング3Dシンボル

要素の右側面の断面図

3D外周

穴の外周を含む要素の3D
形状の総外周

屋根、シェル、CWパネルに関連します。

3D穴外周

メッシュの全ての穴の総外周。ソリッド編集は考慮されません。

屋根またはシェルに関連します。

2D切断面
プレビュー

 

 

2D平面
プレビュー

 

 

3D平行投影

 

 

絶対上部リンク
フロア

要素の上部リンクされた
フロアの名前

壁/柱/ゾーン/階段に関連します。

例:1 階

ARCHICAD IFC ID

ARCHICADによって各要素に自動的に割り当てられる
グローバルIFC属性

 

面積

通常:組み立て要素の、穴の正味上部表面積

 

ビルディング
マテリアル/複合構造/断面形状/塗りつぶし

要素のビルディングマテリアル、複合構造、断面形状、塗りつぶしの名前

 

ビルディング
マテリアル(全て)

単一の一覧表セル内にある要素のビルディングマテリアルを全て一覧表示

 

表面塗りつぶし

要素に割り当てられた表面塗りつぶし(存在する場合)の名前

表面塗りつぶしは、ゾーン、メッシュ、スラブ、屋根に
使用できます。

条件付き体積

組み立て要素(梁、屋根、シェル、スラブ、または壁)の体積

この体積は、定義された計算規則に対して条件付けすることができます。

条件:[オプション]→[プロジェクト設定]→[計算単位/規則](「要素減算」)で定義したサイズを超える開口部の体積を減算。

切り取りとソリッド編集によって減算されます。

要素ID

要素IDを一覧表示

各要素について:組み立てツール、塗りつぶしツール、
およびゾーンツールの[分類とプロパティ]パネルには、編集可能なIDフィールドがあります。

高度1/高度2

プロジェクトの第1および/または第2高度レベルを基準とした要素の高度

高度レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義されます。

リンク/配置フロアまでの高度

リンクされたフロア(ドア/窓)または配置フロア(その他の要素)を基準とした要素の高度

ドア/窓に関連します。値は、リンクされた(配置)フロアから下端高さまでの開口部の高度です。

GLからの高度

GLから測定された、要素の絶対高度

実際の要素の高度を測定するために、GLは常にゼロになります。その他の基準レベルを設定するには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]を使用します。

海抜までの高度

海抜を基準とした要素の
高度(プロジェクトの場所の高度)。

[オプション]→[プロジェクト設定]→[プロジェクトの場所]で海抜値(高度)を定義します。

外部IFC ID

IFCのインポート時に各要素に割り当てられるグローバルIFC属性(IFCの結合機能またはホットリンク機能)

 

平面図外周

穴外周を含む要素の外周。
要素の2Dポリゴンに応じて測定されます。

壁、スラブ、メッシュ、モルフに関連します。

壁の場合:外周は平面図の投影の設定([切断面のみ]や[投影線と上部線]など)に応じて異なる場合があります。

壁の交差部はこの外周の値には影響を与えません。

平面図穴外周

要素の全ての穴の総外周

スラブ、メッシュ、ゾーンに関連します。

ゾーン番号から

要素の開口元のゾーンの
番号

ドア、窓、天窓、CWパネルに関連します。

CWパネル:パネルの外側に面したゾーンの番号(パネルの内側面に接するゾーン)

ゾーン番号へ

要素の開口先のゾーンの
番号

ドア、窓、天窓、CWパネルに関連します。

CWパネル:パネルの外側面に接するゾーン(存在する場合)の番号

ゾーンから

要素の開口元のゾーンの
名前

ドア、窓、天窓、CWパネルに関連します。

CWパネル:パネルの外側に面したゾーン(存在する場合)(パネルの内側面に接するゾーン)

ゾーンへ

要素の開口先のゾーンの
名前

ドア、窓、天窓、CWパネルに関連します。

CWパネル:パネルの外側面に接するゾーン(存在する場合)の番号

総体積

天窓の開口元のゾーンの
番号

壁:開口部、ドア、窓の体積を含む

柱:躯体と仕上げの両方の体積を含む

屋根/シェル/スラブ:穴の体積を含む切り取りによって減算されます。

スラブパラメータ「穴の体積を減算したスラブ総体積」も参照してください。

GDLプレビュー
画像

プレビュー画像(GDLオブジェクトタイプ要素のみ)

 

最大高さ

 

D-W:窓/ドアの高さ。これは開口部の設定ダイアログボックスの「高さ」フィールドまたは情報ボックスで定義します。

パネルの高さ。これには周囲のフレームへのパネルの押出は含まれません。

CW:これは[カーテンウォールシステム設定]または情報ボックスで定義します。

CWパネル:パネルの高さ。これには周囲のフレームへのパネルの押出は含まれません。

ゾーン:ゾーンの下部高度から測定したゾーンボディの高さ。これは、ゾーンの設定の[名前と位置]パネルで定義します。

天窓:[プレビューと位置]パネル(または[天窓の設定]パネル)の高さパラメータ

下部オフセット

配置フロアからの要素の
オフセット

ドア/窓の場合:ホスト壁の配置フロアから測定した、
下端高さ

 

配置フロア(旧式)

要素の配置フロアの名前

これは要素設定で定義します。

開口部:配置フロアはホスト要素の開口部の垂直位置に応じて異なります。

ホームフロア名

要素のホームフロアの名前

これは要素設定で定義します。

開口部:ホームフロア名は、ホスト要素の開口部の垂直位置に応じて異なります。

天窓:ホームフロアは、ホスト屋根/シェルと同じです。

ホームフロア数

要素のホームフロアの数

これは要素設定で定義します。

ドア/窓:ホームフロアはホスト要素の開口部の垂直位置に応じて異なります。

天窓:ホームフロアは、ホスト屋根/シェルと同じです。

ホットリンク
および要素ID

要素がホットリンクの一部である場合:ホットリンクのマスタIDと要素のIDを一覧表示します。

 

ホットリンク
マスタID

要素がホットリンクの一部である場合:ホットリンクのマスタIDのみを一覧表示します。

 

IFC割り当て

要素が属しているIFC割り当て(存在する場合)の名前

IFC割り当てはIFCプロジェクトマネージャーで実行されます。割り当てには、IFCグループ、IFCゾーン、IFCシステムなどが含まれます。

IFCタイプ

要素のIFCタイプの名前

IFCのARCHICAD要素の分類は、要素設定([分類とプロパティ]パネル)に表示されます。IFCタイプマッピングは、現在のプレビュー変換設定(IFC変換設定ダイアログボックス)の「エクスポート用タイプマッピング」設定に応じて異なります。

IFC製品タイプ

要素のIFC製品タイプの名前とタイプを一覧表示

IFCタイプマッピングは、現在のプレビュー変換設定([IFC変換設定]ダイアログボックス)の「エクスポート用タイプマッピング」設定に応じて異なります。

壁断熱材厚

「断熱材」として定義される壁、屋根、シェルの層構造の厚さ

断熱材層(壁、屋根、シェル)は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[計算単位/規則]で定義されます。

バージョン日付(最後の変更)

 

 

バージョンID
(最後の変更)

 

 

バージョン名
(最後の変更)

 

 

ラベルテキスト

 

 

レイヤー

要素のレイヤー

 

長さ

要素の長さ

 

ライブラリ部品名

名前(GDLオブジェクトタイプ要素のみ)

 

リンクされた変更

要素またはサブ要素が変更にリンクされている場合:
リンクされている変更の
番号を一覧表示

 

ロック状態

要素の[ロック状態/ロック解除]ステータス

これは[一覧表]フィールドにチェックボックスで表示され、値(はい/いいえ)を切り替えることができます。

正味体積

要素の正味体積。ソリッド
編集によって減算されます。

柱:(躯体と仕上げ(存在する場合))の体積を含む)

屋根-シェル-スラブ-メッシュ: 穴の面積が減算されます。切り取りとソリッド編集によって減算されます。

梁/モルフ:穴とソリッド編集によって減算されます。

ドア-窓:ドア/窓によって切り取られた開口部の体積(体積は壁からGDL開口部を切断して生成される穴に基づいて計算されます)。

親ID

リストされている要素の
親要素の要素ID

サブ要素(階段の踏面、カーテンウォールのパネルなど)に関連しています。

位置

要素「位置」クラスの値

使用可能な値:インテリア、エクステリア、未定義

位置は、要素設定の[分類とプロパティ]パネルで設定されます。 IFCデータ交換に使用されます。

プロパティ
オブジェクト名

この要素にリンクされたプロパティオブジェクト(存在する場合)の名前

プロパティオブジェクトは、要素設定のリストパネルを使用してエレメントにリンクできます(このパネルはデフォルトでは表示されません。詳細については、計算ガイドを参照してください)。

数量

特定のリストされた要素については、スケジュールされた要素の数を表示します。

 

関連ゾーン名 – 2D

要素の関連するゾーン(存在する場合)の名前

通常: 2Dで要素が接する
または交差するゾーン

関連ゾーンの定義は要素によって異なります。説明を参照してください。

1つの要素は1つの関連ゾーンのみを持つことができます(複数のゾーンが適用される場合、最初に作成されたゾーンがリストされます)。

(3Dで要素が交差するゾーンを識別するには、「関連ゾーン- 3D」 パラメータを使用します。)

壁:壁が接するゾーン、または壁の2Dポリゴンが交差するゾーン

ドア/窓:ホスト壁の関連ゾーン

CW:CW(またはその分節の少なくとも1つ)が接するゾーン

CWフレーム/パネル:そのCW分節が接する、またはフレーム/パネルが接触するゾーン

CW接合部:(接合部のグリッド点における)接続サブ要素の全てがゾーンに接しています。(接合部のグリッド点における)接続フレームのうちの2つがゾーンに接しています

CW付属品:付属品の親フレームに接するゾーン

シェル/屋根:ソリッド編集によって接続されるゾーン、またはクロップされるゾーン

オブジェクト、光源、モルフ、階段、手摺り:要素と同じホームフロアを持つゾーンオブジェクトの場合:その3D境界線の中心点はゾーンポリゴン内にあります。

梁:2Dで梁の基準線が交差するゾーン。梁は、関連ゾーンのホームフロアに表示されている必要があります。

天窓:ソリッド編集によってその親屋根またはシェルが接続されるゾーン、またはクロップされるゾーン

柱:柱のコーナーに交差するゾーンポリゴン。柱は、関連ゾーンのホームフロアに表示されている必要があります。

踏面、蹴上、階段構造:親階段の関連ゾーン

手摺りのサブ要素:その親手摺りの関連ゾーン

関連ゾーン番号 – 2D

2Dにおける要素の関連するゾーン(存在する場合)の番号。上記の「関連ゾーン名 – 2D」を参照してください。

 

関連ゾーン名 – 3D

3Dで要素が交差または接するゾーン名(存在する場合)

 

関連ゾーン番号 – 3D

3Dにおける要素の関連するゾーン(存在する場合)の
番号

 

相対上部リンク
フロア

要素の上部リンクされた
フロアの相対位置

壁/柱/ゾーン/階段に関連します。

例:配置フロア + 1

傾斜角度

傾斜した要素の角度

壁の場合:壁外側傾斜角度と同じ(壁固有の内側傾斜角度パラメータも参照)

梁:傾斜梁の角度

CWフレームまたはパネル:水平面に基づいて測定した
傾斜角度

表面積

通常:要素の全ての表面の
合計

梁:全ての梁表面(上端、下端、終端)の合計

柱:柱の断面の表面積

シェル:基準側の正味表面積

厚み

要素の厚み。これは要素設定で定義します。

 

要素の幅パラメータ。これはそのジオメトリまたは要素設定によって定義します。

オブジェクト:オブジェクトの幅。これはオブジェクトの設定の[プレビューと位置]パネルにある「寸法1」フィールドで定義します。

柱:柱の幅:躯体寸法1値に、仕上げの幅を加算した値