発行機能を使用してPDF出力を作成

発行機能から、発行セット、または、1 つ以上の発行項目(ビューまたはレイアウト)をAcrobat PDF(移植可能な文書形式)形式で保存できます(発行項目は、デフォルトではPDF形式に設定されています)。

1.ナビゲータの発行機能モードで、目的の発行セットに移動します。

2.[発行プロパティ]から[ファイルの保存]が選択されていることを確認してください。

発行セットの保存」を参照してください。

3.発行セットから一つ以上の発行項目を選択します。

4.発行機能の[形式]セクションで、形式を[PDF]に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/PDFPublisher1.png 

フォルダの内容が全てPDF形式であれば、[単一PDFファイルに結合]オプションのチェックボックスが表示されます(必ず、PDF形式の項目を含むフォルダを選択してください)。このチェックボックスのチェックをはずれていると、フォルダ内の各ファイルが個別のPDFファイルとして発行されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/MergePDF.png 

注記:発行マップフォルダのいずれかに対して(あるいはレイアウトブック全体に対して)「単一PDFファイルに結合」チェックボックスをオンにすると、その全てのサブフォルダに対してオプションが無効になります。PDF結合設定を下位フォルダに変更するには、まず、上位フォルダ(またはレイアウトブックレベル)に対するチェックボックスをオフにします。

5. [ページオプション]をクリックして、作成するPDFドキュメントの用紙サイズと向きを設定します。

注記:選択した発行項目にビューが存在する場合、[ページオプション]ボタンが使用できます。発行項目がレイアウトである場合、ページオプションはレイアウト設定の値が採用されます。この場合、[ページオプション]ボタンは表示されません。

6.[ドキュメントオプション]をクリックして、作成するPDFドキュメントの内容の設定を定義します。このオプションは[2Dを印刷/3Dを印刷]ダイアログボックスと同様のものです。

ここで、内容をカラー、白黒、またはグレースケールで保存できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/PDFDocOptionsSave.png 

7.[ドキュメントオプション]ダイアログボックスの左下の[PDFオプション]をクリックして、必要なオプションを設定します。

詳細は、「PDFオプション」を参照してください。

8.[発行]をクリックします。

9.発行セットプロパティで定義したパスでPDF出力を参照します。

サブトピック