ARCHICAD ファイルを設備ソフトウェアにエクスポート

ARCHICADモデルをエクスポートするための準備

設備専用ソフトウェアを使用してARCHICADファイルを設備設計者に渡す前に、建築モデルを簡素化する必要があります。構造設計者と同様に、設備設計者はプロジェクト内の自分の作業に関連した部分のみを必要とします。ただし、この2つの部門の運用方法は完全に同じというわけではありません。多くの場合、構造担当者は新しい要素を追加するとともに、プロジェクトの既存部分を修正する必要があります(スラブの拡張、梁と柱の直径の調整、これらの位置の変更など)。一方、設備設計者は一般的には機器を追加しますが、設計済みの構造耐力要素の構造の形状は必要としません。

設備へのエクスポートに適したデータ

一般的に、設備へのエクスポートには以下の3D要素が最適です。

構造耐力要素

建物外面の要素

内部空間の境界

以下も重要です。

構造耐力要素構造の通り芯

光源、バスルーム、キッチンの機器の配置計画

作り付けの家具の位置

全ての空間機能と番号体系(明確に示すことも必要です)

吊り天井と内部床のレベル、形状、通り芯(エンジニアがHVAC機器(通気口、スプリンクラーなど)を正確に設計するために役立ちます)

設備設計には無関係な建築モデルの要素を収めるレイヤーはオフに切り替えて、エクスポートデータから除外する必要があります。通常、以下の要素は無関係です。

床の被覆

ドアと窓の意匠の詳細

家具

電気、配管、光源、防音、低電力システムのエンジニアやエレベータ設計担当者に合わせた内容の個別のレイヤーセットを定義することが可能です。

ARCHICADのレイヤーセットの設定方法については、「レイヤーセット」を参照してください。

適切な変換方法の適用

ARCHICADデータを設備にエクスポートするときに最もよく使用されるファイル形式は、DWGとIFCです。

ビューをDWGに保存

設備設計者の多くは2Dデザイン環境(大半はAutoDesk AutoCAD)で作業しているため、AutoCADのDWGファイルを必要とします。

ARCHICADでは、設計担当者は平面図、断面図、または立面図ビューを定義し、3Dモデルではなくこれらをエクスポートすることで、DWGファイルを作成します。事前定義済みの設定で発行セットを作成すると、設備設計者に渡すドキュメントを簡単に作成できます。このように、ボタン操作でプロジェクトの最新状態を表したプリセットビューを指定した出力先フォルダにDWG形式で保存できます。

DWG/DXFファイルの操作」を参照してください。

IFCにモデルを保存

3D作業環境(AutoCAD MEPまたはRevit MEP)で直接設計する設備設計者もいます。この運用方法に対応するために、グラフィソフトでは変換設定ベースのIFCデータ交換機能を開発しました。

ARCHICADからIFCモデルをエクスポート」を参照してください。

この機能はARCHICADモデルをIFCに変換します。IFCは現在、最も高度なBIMモデル交換形式です。設備設計者用のIFCを作成する場合、MEPデータ交換用のデフォルトのIFC変換設定(「DDS-CAD MEP用エクスポート」など)を使用するか、あるいは必要に応じてIFC変換設定をカスタマイズすることをお勧めします。

IFC変換設定:概要」を参照してください。

多くのMEPアプリケーションが、BIM Collaboration Format(BCF)ベースの通信をIFCベースのデータ交換の拡張機能としてサポートしています。BCFワークフローにより、プロジェクト参加者は重複問題(干渉など)にコメントを追加することができます。BCFコメントには、参照IFC要素のGUIDとアタッチされたプレビュー(スナップショット)画像が含まれます。こうして、ユーザーは参照ビュー内の「問題のある」モデル要素を、スナップショットとまったく同じカメラ位置を使って、簡単に見つけることができます。ARCHICADのマークアップツールは、BCFコメントやインポート、エクスポートをサポートしています。

プロジェクトのマークアップでBCFを使用する場合のワークフロー」を参照してください。