BIMコンテンツをインポート

ARCHICADでは、外部のARCHICADファイル(PLN、PLA、またはTPL形式)で事前に定義されたBIMデータを1つの操作でインポートできます。この機能では、ARCHICADプロジェクトの以下のBIMコンテンツをインポートします。

分類システム

分類システムに属するプロパティ

分類システムを参照するIFC変換設定の「マッピング」プリセット:

IFCインポート用タイプマッピング

IFCエクスポート用タイプマッピング

IFCエクスポート用プロパティマッピング

IFCインポート用プロパティマッピング

ARCHICADファイルからBIMコンテンツをインポート

[BIMコンテンツをインポート]コマンドを使用して、事前に作成またはダウンロードした、必要な分類システムやその他の定義を含むARCHICADファイルを参照します。

1.[ファイル]→[相互運用性]→[分類とプロパティ]→[BIMコンテンツをインポート]に移動します。

2.[BIMデータを結合]ダイアログが表示されたら、必要な分類/プロパティ/IFC変換設定マッピングの定義を含むARCHICADファイル(PLN、PLA、またはTPL形式)を参照します。

3.[開く]をクリックして、これらのデータをインポートします。

詳細については、後述の「BIMコンテンツをダウンロードまたはインポートするための条件」を参照してください。

ウェブサイトからBIMデータファイルをダウンロード

このコマンドを使用して、事前設定済みのARCHICADファイルを参照してダウンロードします。

これらのファイルはさまざまな国際標準に対応するよう事前に設定されており、GRAPHISOFTのウェブサイト(http://www.graphisoft.com/downloads/addons/interoperability/classification.html)から入手できます。

1.[ファイル]→[相互運用性]→[分類とプロパティ]→[BIMコンテンツをダウンロード]に移動します。

以下に示すツールやダイアログでも、これと同じリンクを使用できます。

分類マネージャー

プロパティマネージャー

[IFC変換設定]ダイアログボックス

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/DownloadBIMContent.png 

2.GRAPHISOFTのウェブサイトが表示され、そこで標準の分類/プロパティ/マッピング定義を含むARCHICADファイルを選択できます。

3.ファイルを任意の場所にダウンロードします。

4.[ファイル]→[相互運用性]→[分類とプロパティ]→[BIMコンテンツをインポート]を使用して、ダウンロードしたファイルを参照してインポートします。

BIMコンテンツをダウンロードまたはインポートするための条件

インポート処理は、インポートするデータが受け入れ側のARCHICADプロジェクトに存在しない場合にのみ実行できます。重複するデータが存在する場合、警告が表示され、インポート処理は実行されません。

ARCHICADのレポートウィンドウを参照し(必要に応じてウィンドウを下にスクロールします)、競合するデータを確認してください。

この場合、重複するデータをプロジェクトから削除して、もう一度[BIMコンテンツをインポート]を使用します。