論理関数

And[AND]

全ての論理引数がTrueであるか確認します。

構文

AND(論理1,[論理2],…)

注記:必要な区切り記号(カンマまたはセミコロン)は、コンピュータの地域設定に自動的に対応します。

引数のデータタイプ

True/False

結果のデータタイプ

True/False

両方の梁長さのプロパティ(左長さと右長さ)が、指定された長さを超えているかどうかを決定します。

数式

AND(左長さ > 480 cm, 右長さ > 480 cm)

結果

TrueまたはFalse。両方の梁長さがこの値を超える全ての梁についてTrue、そうでない場合はFalse。

Or[OR]

少なくとも1つの論理引数がTrueであるか確認します。

構文

OR(論理1,[論理2],…)

注記:必要な区切り記号(カンマまたはセミコロン)は、コンピュータの地域設定に自動的に対応します。

引数のデータタイプ

True/False

結果のデータタイプ

True/False

梁長さプロパティ(長さ左または長さ右)のいずれかが所定の長さを超えるかどうかを決定します。

数式

OR(左長さ > 480 cm, 右長さ > 480 cm)

結果

TrueまたはFalse。少なくとも1つの梁長さがこの値を超える全ての梁についてTrue、そうでない場合はFalse。

Not[NOT]

False結果からTrue、およびその逆に変更します。

構文

NOT(論理)

引数のデータタイプ

True/False

結果のデータタイプ

True/False

既存のプロパティは、モデルプロパティが未定義の全ての要素について「True」を返します。これらの結果をFalseに変更するには、NOTを使用します。

数式

NOT(ISUNDEFINED(モデル))

結果

モデルプロパティが<未定義>である全ての要素についてFalse

If[IF]

指定された論理引数がTrueの場合は指定された値を返し、

引数がFalseの場合は別の指定された値を返します。

構文

IF(論理, Trueの場合の値, Falseの場合の値)

注記:必要な区切り記号(カンマまたはセミコロン)は、コンピュータの地域設定に自動的に対応します。

引数のデータタイプ

論理:True/False

Trueの場合の値, Falseの場合の値:任意のデータタイプ、ただし両方の値のデータタイプが同じである必要があります

結果のデータタイプ

値と同じデータタイプ

梁の長さに応じて梁の張り出しの標準を定義します。

梁が480 cmより短い場合、張り出しを10 cmにします。

480 cmより長い場合は、張り出しを12 cmにします。

数式

IF(左長さ <=480cm, 10 cm, 12 cm)

結果

短い梁の場合は10、長い梁の場合12

排他的論理和[XOR]

論理引数のTrueの数が奇数の場合、 Trueを返します。

2つの引数の場合:いずれか一方(両方ではない)がTrue。

構文

XOR(論理1,[論理2},…)

注記:必要な区切り記号(カンマまたはセミコロン)は、コンピュータの地域設定に自動的に対応します。

引数のデータタイプ

True/False

結果のデータタイプ

True/False

様々なサイズのオフィス装飾品を箱詰めする必要があります。3つのサイズの箱が使用可能です。

高さと幅がともに1mを超える品目は、大きい箱に入れます。

AND(幅 > 1m, 高さ > 1m)

高さと幅がともに1m未満の品目は、小さな箱に入れます。

AND(幅 < 1m, 高さ < 1m)

高さまたは幅のいずれかが1mを超える品目は、中サイズの箱に入れます。

プロパティを使用して、中サイズの箱が必要な品目を判断します。

数式

XOR(幅 > 1m, 高さ > 1m)

結果

幅または高さのいずれか(両方ではない)が1mを超える全ての品目についてTrue

未定義[ISUNDEFINED]

特定のプロパティの値が未定義であるか確認します。

構文

ISUNDEFINED(値)

引数のデータタイプ

True/False、整数、数値、長さ、面積、体積、角度、または文字列

結果のデータタイプ

True/False

要素の文字列タイプの「モデル」プロパティが未定義であるかどうかを判定します。ISUNDEFINEDは論理値です。

数式

ISUNDEFINED(モデル)

結果

モデルプロパティが<未定義>である全ての要素についてTrue