より大きいか等しい[>=]

2つの引数(オペランド)を比較します。1つ目の値が2つ目の値以上の場合はTrueを返し、それ以外の場合にはFalseを返します。

構文

[>=]

引数のデータタイプ

整数、数値、長さ、面積、体積、または角度(全ての引数で同じである必要があります)

結果のデータタイプ

True/False

ゾーンのガラス割合(既存のプロパティ)が、必須のガラス割合(固定値、ここでは .40)に適合している(所定の固定値以上の値である)かどうかを確認します。

数式

ゾーンのガラス割合 >= .40

結果

ガラス割合が .40 以上のゾーンの場合はTrue、そうでない場合はFalse

 

2つの引数(オペランド)を比較します。1つ目の値が2つ目の値よりも小さい場合はTrueを返し、それ以外の場合はFalseを返します。

構文

[<]

引数のデータタイプ

整数、数値、長さ、面積、体積、または角度(全ての引数で同じである必要があります)

結果のデータタイプ

True/False

要素の購入価格(既存の数値タイプのプロパティ)が、30より小さいかどうかを識別します。

数式

購入価格 < 30

結果

価格が30より小さい要素の場合はTrue、それ以外の場合はFalse

2つの引数(オペランド)を比較します。 1つ目の値が2つ目の値以下の場合はTrueを返し、それ以外の場合にはFalseを返します。

構文

[<=]

引数のデータタイプ

整数、数値、長さ、面積、体積、または角度(全ての引数で同じである必要があります)

結果のデータタイプ

True/False

ゾーンのサブフロア厚さ(既存の長さタイプのプロパティ)が20 cm以下かどうかを識別します。

数式

サブフロア厚さ <= 20 cm

結果

サブフロア厚さが20cm以下のゾーンの場合はTrue、そうでない場合はFalse

注記

両方の引数のデータタイプが同じである必要があります。ここでは両方とも長さです。

長さの値には単位が必要です。数式エディタの単位ポップアップから長さの単位を選択します。