はさみを使用した要素の切り取り

[切り取り]コマンドを使用して、別の要素との交点を超える要素の部分を削除するか、2つの交点で挟まれた要素の部分を切り取ります。

切り取り可能な要素は、壁、梁、直線、円、円弧、ポリライン、およびスプラインです。

次の手順に従います。

[編集]→[変形]→[切り取り]コマンドを選択するか、Ctrlキー(Windows)またはCmdキー(Mac)を押します。

はさみの形のカーソルが現れます。切り取り可能な要素にそのカーソルを移動して、切り取る辺をクリックします。

注記: 3Dウィンドウでは、壁または梁の表面をクリックして切り取りすることもできます。

クリックした位置に最も近い2つの交点に挟まれた要素が削除されます。

ここでは梁の一部 – 左側の2つの壁の間の部分を切り取ります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/030-interaction/Trim1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/030-interaction/Trim2.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/030-interaction/Trim3.png 

屋根/シェルで要素を切り取る

他のフロアの屋根でクロップする